世界のびっくりニュース

バストのサイズを決定する遺伝子が発見される


どのような乳房がベストなのか、ということについては老若男女の誰もが一度は考察したことがあるテーマではないかと思います。このバストのサイズについて、遺伝子のどの辺りが関連しているのかということが企業の研究によって明らかになりました。


DNA解析を行う企業、23andMeの研究によれば、人間の遺伝子の中で胸のサイズに関わる部分が7つ発見されたそうです。

また、そのうち2つは乳がんに関する部分と重複しているとのこと。乳房の細胞の密度が高いときに最大で1.5倍リスクの差が現れるという研究があったり、サイズにも何らかの関連がみられるという研究もあることから、乳房の発達過程を調べることで乳がんの予防・治療に役立つのではないかと考えられています。

「バストのサイズを遺伝子治療でなんとかするつもりか!けしからん!」という声もあるかもしれません。しかし、自由に変更できてしまうと、大きな価値を感じる人も減るのではないでしょうか。

最終的には、男も女も結局は「インナー・ビューティ」が大事です。

ソース:Genes for Breast Size Found | MyHealthNewsDaily.com

関連記事

みんなをハッピーにする女性によるバスト・エクササイズ・ムービー - DNA

約40%の女性が「知性をおっぱいと交換したい」と考えている - DNA

魅惑の谷間を最大限に活用しているセクシーなおねえさんたちの画像17枚 - DNA

代われるものなら代わりたい、豊満なおっぱいをモミモミする猫のムービー - DNA

女性のカップ数や男性自身のサイズで世界地図を塗り分けるとこうなる - DNA

「ダイナマイツボディ過ぎて最近は彼氏ができない」イギリス人女性、悩みを語る - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧