アートとデザイン

技術の結晶・F1カーの進化の歴史を1分間にまとめたアニメーション・フィルム「Evolution of the F1 Car」


以前、1950年から2010年までのフェラーリF1マシンの進化をまとめた画像をお見せしましたが、今回は1950年から2012年までのF1カーのエンジン、シャーシ、ハンドルなどの進化が手に取るようにわかるアニメーションフィルム「Evolution of the F1 Car」を紹介します。エンジンやシャーシ、そして様々なコントロールを担うハンドルなど「技術の結晶」の歴史を1分間で見ることが出来ます。

1950年。シャーシ、エンジン、ハンドルが変化していきます。フロントに設置された直列8気筒エンジンがステキ。多分直列4気筒エンジンを2つつないだものでしょう。

1970年。むき出しのV8エンジンが特徴的。

1990年。飛行機かと言いたくなってしまうV12エンジンがすごい。

2012年。無数のスイッチがついたハンドルに変化しています。

動画はこちらから
Evolution of the F1 Car on Vimeo

F1カーの進化の過程を1枚にまとめたインフォグラフィック。
F1_Evolution_Timeline_003_Monza_Wheels.png (1600×942)

制作の様子はこんな感じになっています。
AE_Screenshot_001.jpg (1600×910)

このアニメーションフィルムとインフォグラフィックは、ロンドンのエアロダイナミクス・アニメータのrufus blacklock氏の作品です。

関連記事

60年間戦ってきたフェラーリのF1マシン進化一覧 - DNA

[字幕動画]F1カーのハンドルについている無数のスイッチは何に使うのか? - DNA

永遠の疑問、F1マシンは普通のコースでも乗用車より速いのか検証している動画いろいろ - DNA

F1ドライバー・シューマッハがドバイの島に作った超豪華だけどあまり羨ましくない別荘 - DNA

アブダビ名物「フェラーリ・ワールド」の世界最速ジェットコースター、Ferrari Rossoの実力とは? - DNA

レーシングカーとトラックの違いをコンパニオンガールから紐解く - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧