世界のびっくりニュース

犬は実際に落ち込んでいる人をなぐさめる習性があることが判明


「落ち込んで泣いていたら犬がやってきて手をなめてくれた」というエピソードがよくきかれることから分かるように、犬は近くにいる生き物の悲しみを癒そうとすることが経験上分かっています。しかしこれが科学的に研究されたのはこれが始めてなのだそうです。


これはロンドン大学の研究者によって明らかになったもの。実験では18匹の犬をそれぞれ飼い主と知らない人と一緒の部屋にいれ、それぞれの人に嘘泣きをさせて反応をみました。その際、15匹は自分のやっていることをやめて近づいてきました。

ごくごく小さな子どもは他の子どもが泣いていると一緒に泣き出します。彼らは他人のストレスに共感しますが、それを癒そうということはしません。しかし少し成長した子どもは、悲しんでいる人にたいして自分のおもちゃを渡したり、抱きしめるような行動をします。このように他人のストレスを癒そうという行動は、精神的な洗練の表れなのです。

また飼い主と知らない人で違う反応を見せるかと思われましたが、まったく同じようになぐさめにやってきました。これは飼い主と一緒にいる満足を感じたいわけではなく、純粋に他の生き物の感情により強く反応するということです。小さな子どもと同じくらいに社会的な意識をもっているといえるのです。

しかしまだどうやって悲しみを察知しているのかは分からないとのこと。今後の研究がまたれます。

ソース:Why your pooch wants to be everyone’s best friend: Dogs will comfort anybody who cries, not just their owners, proves study
| Mail Online

関連記事

「もう一度、飼っていた犬に会いたい」ホームレス男性、最期の夢を叶える - DNA

盲目の仲間を見守る固い絆、犬のブレアとタナーの物語 - DNA

[字幕動画]イタズラをした犬をしかっている、なぜだか面白くてかわいい動画 - DNA

女の子とコリー犬が一緒に仲良くすごろくで遊んでいる動画がなんとも可愛い - DNA

なぜかジュリア・ロバーツが怖くて仕方ないハスキー犬の動画 - DNA

上半身と下半身がまるで別の動物のようなアクションを見せる犬の動画 - DNA

あの感情を表現できる「ネコミミ」をDIY、キュートな女の子が装着した動画「Animatronic Cat Ears」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧