科学と技術

「ミッションコントロールルーム」の違いにみる、国家機関NASAと民間企業SpaceX社の比較


宇宙空間に物や人を運ぶのは国の機関のお仕事、という常識は崩れつつあります。先日、国際宇宙ステーションISSと民間企業SpaceX社の宇宙船「ドラゴン」がドッキングに成功するという歴史的なイベントがありました。この時のNASAとSpaceX社のミッションコントロールルームを比べてみると、なかなか面白いことになっていたようです。


こちら、SpaceXとISSのドッキングを見守るNASAのミッションコントロールルーム。

そして同じ日のSpaceX社のコントロールルーム。

スーツ着用率高め・イスの後ろのキャビネットにはペーパーのマニュアルがどっさりと収納してあるNASAのミッションコントロールルームに対して、SpaceXはTシャツ・ポロシャツに、ディスプレイだけの簡易なデスクとまったく違っています。

NASAもディスプレイはLCD。

コントロールルームにかけるコストの考え方であったり、バックアップの態勢の作り方に関する思想といった部分が、半ば公的機関であるNASAと利益を追求するSpaceX社ではまったく違っているのが分かる比較画像でした。

おそらく今後、どんどんコストを削る戦いになっていくのでしょう。ワンマン運用で居眠り事故……というような事態にはならないようにしてほしいものです。

それぞれのミッションコントロールルームが写り込んでいる動画はこちらから。
NASA Administrator Congratulates ISS Crew on SpaceX Milestone – YouTube

SPACEX LAUNCHES DEMONSTRATION FLIGHT TOWARDS ISS – YouTube

ソース:NASA vs SpaceX control rooms… – Imgur

トップ画像:File:Gemini Mission Control – GPN-2000-001405.jpg – Wikipedia, the free encyclopedia

関連記事

地球から見ることが出来ない、国際宇宙ステーションから撮影された地球の景色 - DNA

パラボラアンテナ完動、5メガトンの核爆発に耐える宇宙通信基地販売中 - DNA

国際宇宙ステーションで暮らすロシアな人の日々をつづる画像いろいろ - DNA

宇宙ファン必見、NASAのエンジニアによる解説付き「ザ・ベスト・オブ・シャトル打ち上げ」動画 - DNA

千里の道も一歩から、「NASA」の宇宙基地の成長を写真で見る - DNA

1970年ごろNASAが計画していたスペースコロニーの予想イラストいろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧