世界のびっくりニュース

パラシュートを使わないスカイダイビングにイギリスのスタントマンが成功


スカイダイビングでパラシュートが開かない。普通なら事故です。しかし今回、イギリスのスタントマンがあえてパラシュートを使わず体一つで落下・滑空し、生還することに成功しました。度胸がありすぎます。

暴挙スレスレのスタントに挑戦したのは42歳のスタントマン、ゲイリー・コネリーさん。普通、ウィングスーツを着用して滑空する「ベースジャンプ」では最後にパラシュートを開いてふんわりと降ります。しかし今回は、高度61mのヘリからダイブし、最後までパラシュートを使わないで、1万8千600個の段ボール箱に「着陸」します。

落下中の最高速度は実に時速128km。880回のスカイダイビング、450回のベースジャンプの経験があるベテランでさえ「ちょっと怖かった」と言わせた瞬間の動画はこちらから。
Stuntman’s parachute-free skydive – YouTube

ゲイリーさんは「このスタントは航空史に残るものとなるでしょう」とコメントしています。

ソース:Gary Connery: stuntman completes 2400ft skydive without a parachute – Telegraph

関連記事

究極の飲み逃げ、243mの高さにある展望バーから4人組がパラシュートで逃走 - DNA

自分の体に火をつけたまま、超高層ビルからパラシュートなしで飛び降りるエクストリーム過ぎるスタントの動画 - DNA

子どもから大人へ、決死の覚悟で初めてのスキージャンプに挑戦する動画 - DNA

絶景に向かってダイブ、世界の崖から飛び込むエクストリームスポーツ「Cliff Diving World Series」 - DNA

風船シーソージャンプで到達高度の世界新記録達成 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧