アートとデザイン

4千万枚の「素材写真」から作った壮大な人生を描き出すショートフィルム「From Love to Bingo」


Web・出版関係者がいつも非常にお世話になっている「ストックフォト」いわゆる素材写真から選んだ画像だけを使って壮大な人生を描いたショートフィルムです。確かにあれだけ画像があれば……という「言われてみれば」的発想の面白い作品です。


制作したのはブラジルの制作会社AlmapBBDO。報道写真からかわいいネコちゃんまでありとあらゆる画像がそろう世界最大の画像データベース「Getty Images」の4千万枚の画像から約800枚を選び、秒間15枚を表示させるパラパラ漫画風の動画にしました。

再生はこちらから。
From Love to Bingo Getty Images AlmapBBDO – YouTube

「膨大な枚数の画像によれば、本当はどうあれ自分の好きなストーリーを語ることができる」ということを表現しているこの動画、何も語らないはずの素材写真がストーリーをもって動き出すのは確かにとても不思議です。

どころどころこういう画像がサブリミナル的にしこまれているところも注目です。

関連記事

ITで起業しちゃった人とデートしてはいけない29の理由 - DNA

絵描きさん向けベンチマーク、あなたの眼はどれくらい正確か診断できるゲーム「The Eyeballing Game」 - DNA

Webデザイナー vs Webプログラマーの仁義無き比較イラスト - DNA

開発者、デザイナー、プロジェクトマネージャーがお互いをどう思っているかがよくわかる1枚の画像 - DNA

こんなのアリ?ものすごくクリエイティブな履歴書のデザイン38個 - DNA

「プログラマにお使いを頼んだら……」ジョークが海外の掲示板で人気 - DNA

口汚くデザインについてアドバイスしてくれるサイト「Good Fucking Design Advice」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧