アートとデザイン

「スリットスキャン」で変容する人間の姿を表現した不気味な写真集「Metamorphose」


「スリットスキャン」とは、細いスリットを空けた幕をレンズの前にかざしてシャッターを切る撮影技法。光が屈折するため、ごらんのようなぐにゃぐにゃとした像が写ります。周りの環境に合わせて姿を変えていく人間の体や心のあり方を表現しているかのようです。


1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

15.

16.

17.

18.

これはフランスの写真家、Frederic Fontenoyの作品です。

ソース:Metamorphose

関連記事

CG人間の「不気味の谷」を飛び越える「表情キャプチャー」 - DNA

[閲覧注意]「もしバービー人形がサイコキラーだったら……」画像21枚 - DNA

怖いくらい完璧に人間の赤ちゃんの動作をシミュレートしているロボット「アニマトロニクス・ベイビー」の動画 - DNA

美しい動と静、武術の破壊力を陶器の飛び散る破片で表現したアート - DNA

車の窓から頭を出している犬の表情が劇的に変化していく連続写真 - DNA

こんなにも変化があるものなのか、中国の美容整形手術のビフォアー・アフター写真が半端無い - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧