世界のびっくりニュース

ペイントボール砲で装甲車同士の車両戦闘ごっこが楽しめる「Armourgeddon」


戦車や装甲車が遠距離から撃ちあう機甲戦には独特のロマンがあるものですが、人間同士のサバイバルゲームのように個人では気軽に再現することができません。しかしイギリスには、結構お安い値段で機甲戦を楽しめるテーマパークがあるようです。


Armourgeddonはイギリス中部のライチェスターシャーに拠点を置く装甲車テーマパーク。払下げの戦車や装甲車を使ってこうした体験試乗をさせてくれるところはいくつかありますが、ちょっと珍しいのは車両vs車両のペイントボールゲームができるという点です。

コースは2時間制。まず到着すると迷彩服とヘルメットが手渡され、運転と射撃の練習がみっちりおこなわれます。

その後はタンク・ペイントボールの時間。第2次世界大戦中の演習場を利用した広大なフィールドで40㎜ペイントボールを互いに撃ちあう車両戦闘が楽しめます。

用意されている車両は15台。80人まで参加できる模様。

他にもペイントボールマッチなどさまざまなアクティビティが用意されています。残念ながら人間vs車両の試合はないようです。

お値段は2時間で87ポンド(約1万1千円)から。運転免許不要ですが最低年齢16歳以上で同乗者1名につき10ポンド(約1300円)追加となります。

また車両なそんなに大きくはないので最高身長193㎝・最大体重140kgという制限があるのに注意。開催は土曜日・日曜日、また4月から10月の間の一部水曜日となっています。

動画はこちらから。
Armourgeddon Tank Battles – YouTube

車両は徐々に増やしているようで、2011年の冬には中古のシャーマン戦車をどこからか引っ張ってきてレストアが開始されています。
Arrival of the M4 105 Sherman to Armourgeddon – YouTube

しかし遊びもここまでくると次のアイディアを考えるのが大変ですね。やっぱり攻撃機か攻撃ヘリでしょうか。

ソース:Armourgeddon the home of Tank Paintball

関連記事

宮崎駿の描く「戦争」漫画、「宮崎駿の妄想ノート『泥まみれの虎』」 - DNA

狂気の沙汰、「ティーガーI戦車」の実寸大・走行可能なレプリカの制作風景 - DNA

ロシア・キエフの「戦車の墓場」に積み上げられた冷戦時代の亡霊達 - DNA

6本脚でわしゃわしゃ動く多脚戦車ロボットのラジコン発売、イカす名前を募集中 - DNA

旧ソ連製の試作レーザー砲戦車「1K17」のかっこよすぎる画像いろいろ - DNA

リトアニアの市長、違法駐車にブチ切れ自ら装甲車で実力行使に及ぶ - DNA

[字幕動画]リビア紛争・反体制側勢力の「DIY兵器工場」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧