アートとデザイン

ビシッとした制服姿とリラックスした普段着姿の人たちを比較した写真10枚


芸者や軍人、司教など、仕事時のバリっと決まっている制服姿やユニフォーム姿とリラックスしたオフの時の普段着姿を比較した写真の紹介です。制服やユニフォームを着用することで、気持ちの切り替えが行われるのか全く違った印象になっています。

1. ドイツの司教

2. 日本の芸者

3. ドイツのコックさん

4. ドイツの煙突掃除人

5. 元ドイツ空軍中将

6. モンゴルの対テロユニット隊員

7. ピエロ

8. 駅員さん

9. お相撲さん

10. 「kleider machen leute」という題名でドイツで出版されています。

これらの写真はドイツの写真家 Herlinde Koelbl 氏の作品です。

ソース:Flavorwire » Revealing Photos of People In and Out of Uniform

関連記事

どの機に乗りたい?世界各国の航空会社40社のスチュワーデス(客室乗務員)の写真 - DNA

1960年代に撮影されたスチュワーデス(客室乗務員)たちのカラー写真26枚 - DNA

患者の痛みを紛らわせるため制服に谷間を強調する民族衣装を採用したドイツの歯科医院 - DNA

1960~70年代に大流行したミニスカートギャルたちの画像(38枚) - DNA

フランス・パリで約200年間続く「女性のパンツルック禁止」条例、近く改正へ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧