世界のびっくりニュース

地震の国の必需品、1トンの重りを落としても壊れない学習机


「地震が起こったら机の下に隠れなさい」は正しいのですが、建物ごと崩壊して重量のある瓦礫が落ちてきたらひとたまりもありません。予想を超えた地震が起きた際、1トンの瓦礫が落ちてきても耐える学習机をイスラエルの専門家が設計しました。


このテーブルはイスラエルのBezalel Academy of Arts and Designのイド・ブルーノ教授とインダストリアルデザイン科の卒業生アーサー・ブルッターが設計・製作したもの。2人の生徒が運んで隠れることができます。

原理としては最近の自動車のようにつぶれて衝撃を吸収する「クラッシュゾーン」を用意して落下物を受け止めるというもの。

普通の机ではバラバラになってしまいますが……

こちらの机はこの通り、見事1000kgの塊を受け止めます。

この机の利点はもう一つ。つぶれてしまわないので瓦礫に埋もれた際の脱出用トンネルにもなります。

たくさん並べておくほど脱出ルートが増えるのでまさに学校の備品にうってつけ。

動画はこちらから。
Earthquake Proof Table by Arthur Brutter and Ido Bruno on Vimeo

ソース:Dezeen » Blog Archive » Earthquake Proof Table by Arthur Brutterand Ido Bruno

関連記事

ものすごい勢いで地震が発生していたことがよくわかる、震源をアニメ地図にした「Japan Quake Map」 - DNA

東北地方太平洋沖地震の起こった日、Twitterで一体何が起こっていたのかを紹介する動画 - DNA

東北地方太平洋沖地震が発生した瞬間の「音」を3Dプリンタで可視化したアート - DNA

過去約100年の間に世界中で発生した巨大な地震10選 - DNA

北米まで約12時間、南米まで約21時間、東北地方太平洋沖地震による津波が世界に届くまでの時間を表した地図 - DNA

まさに轟音、海中を通って北米に届いた「東日本大震災」の大音響 - DNA

恐怖の不良建築、5階建てのマンションが崩壊した瞬間を捉えた動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧