ネット・PC

気分は蛇使い、リコーダーを吹いて操作するヘビゲーム「Snake Charmer」


エサを食べるとちょっとずつ長くなっていくヘビを操って、障害物や自分の体を避けていく「ヘビゲーム」。コンピューターゲームの最初期から存在するゲームですが、これをヘビ使いのように笛を使って操作できるようになったのがこちらのゲーム、最新の技術のくせに昭和の香りがプンプンします。


ゲーム自体はノキアの携帯電話「6110i」を改造したコンソール上で動いています。

これをカメラで撮影してスクリーンに映している仕組み。

4つの音がジョイスティックの4方向に対応しています。動画では2人で息を合わせて1匹のヘビを操っています。
Snake Charmer on Vimeo

Snake Charmer from Kitchen Budapest on Vimeo.

ソース:Snake Charmer on Vimeo

カテゴリ: 単行本
発売日: 1989-03-01

関連記事

[閲覧注意]インドの野良ゾウ、街で暴れて死傷者続出 - DNA

大通りの交差点に500リットルの塗料をぶちまけたパフォーマンス・アート「PAINTING REALITY」 - DNA

爆発的に普及したモーションコントローラー「Kinect」を使った作品のマッシュアップ動画 - DNA

2人プレイ専用、舌を使って操作する「キス・コントローラー」 - DNA

ゲームのやり過ぎで起こりうる症状を特殊メイクで再現したアート「Game Arthritis」 - DNA

スクリーンの奥に裸眼擬似立体映像を生成するiPhoneアプリ「i3D」がすごい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧