世界のびっくりニュース

飛行機に乗せるMacBookAir「13インチは要検査で10インチは素通し」の謎


ノートPCと飛行機の相性の悪さについて、嘆く人は多いように思います。離着陸の時はしまっておかなければならず、手荷物検査では他の荷物と分けて検査しなければいけません。バッテリーやHDDを抜き出してよからぬ物を詰める、ということもできるので検査の必要性は分かるのですが「13インチは要検査で10インチは素通し」というアメリカ・運輸保安局(TSA)の規定はちょっと不可解です。


ニューヨークタイムスのレポーター、マット・リヒテルによれば

ごく最近、サンフランシスコ空港で手荷物検査の列に並んでいたときのこと、私は半ば義務としてノートPCをカバンとは別のトレイに置き、検査機にかけてもらった。

バックパックにはiPadも入っていたので「すみませんが、iPadも取り出さなければいけませんか」と係員にきいた。すると「この空港では必要ありません。よそでは分かりませんが」という回答だった。
 
出典

ノートPCは別検査でiPadはスルー。いったいその境目はどこにあるのでしょうか。重さでしょうか、それとも容積なのでしょうか、それとも何かまったく別の基準なのでしょうか。調査の結果、アメリカ国土安全保障省はこのような見解をもっていることが分かりました。

標準的なサイズのノートPCよりも小さな電子製品は取り出す必要がありません
 
出典

「標準的」……というのはどれくらいか、というと

これらのルールを適用すれば、MacBook Airの11インチモデルはカバンの中で問題ありませんが、13インチモデルは検査の際に取り出していただかないといけません。

出典

とのこと。

タブレットPCの中身を取り出すことは不可能ではなく、11インチのMacBookAirの内部の容積は13インチのものとそう大きく変わりません。いくらさばく数が多いとはいえ、ディスプレイのサイズだけで決める、というのは不可解な基準です。

安全を確保するに厳密な検査は不可欠です。しかし、アメリカ国土安全保障省の運輸保安局(TSA)の検査は服の下が全部見えてしまう「全裸スキャナ」など、プライバシーの侵害が常に指摘されてきました。そんな厳しい検査なのに、判断基準があいまい……というのは納得できる話ではありません。

あるいはTSAには外部に秘密の色々なルールがあって、それにのっとって検査を行っている可能性もあります。しかしある内部の人間はこう語っているそうです。

ノートPCに関するルールは外面のためにあるんだ。他の人に対して、何かテロ対策を打っているように見せているんだ。「セキュリティー劇場」だよ
 
出典

ソース:The Mystery of the Flying Laptop – NYTimes.com

The TSA Blog: Traveling with E-readers, Netbooks, and Other Small Gadgets (Including the iPad)

The TSA Blog: MacBook Airs (Along with many other computers and gadgets) are Still Clear for Take Off

関連記事

空港のX線スキャン検査官に「この検査は違法ですよ」と教えてあげられるTシャツ - DNA

国境を超える時にちょっとドキドキしてしまう、スーツケースのイタズラ・ステッカー - DNA

体の柔軟な軽業師、スーツケースに潜んでバスの貨物室で盗難をはたらき逮捕 - DNA

これぞリアル「スパイ大作戦」空港の超厳重なセキュリティを突破し飛行機に搭乗した男の、ものすごい変装テクニック - DNA

アメリカ国土安全保障省はたとえサンタでも密入国者には容赦しないことが判明 - DNA

荷物の旅、航空会社に預ける手荷物の中にカメラを仕込んで撮影した動画 - DNA

3万ボルトの電撃で盗難を防ぐブリーフケース「Super Safety Suitcase KP-SP01」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧