ネット・PC

企業の従業員の半数近くが「650円以下でパスワードを売る」調査で判明


自分が働いている企業で用いられているシステムのユーザーアカウントのパスワードを5ポンド(約650円)で売ってもよいと考えているということがセキュリティソリューション企業のPing Identityの調査で分かりました。


他にも30%が1ポンド以下でも売る、と回答。売らない、と答えたのは約3割にとどまるなど、セキュリティに対する意識があまり高くないことが判明しました。

それでは、これが会社のアカウントではなく、SNS上のプライベートなアカウントならどうでしょうか。ネット調査企業のOne Pollが2000人を対象に行った調査では、自分のSNSのパスワードに50ポンド(約6500円)以上の値段をつけるだろうと答えた人が34%もいたそうで、誰しも自分のプライベートは大事に思っているというごく当たり前の結果が出てきました。

また、セキュリティに対する意識も大きく違います。会社のパスワードを紙にメモしている、という人が60.5%、他人のパスワードを使ったことがあるという人が34%にのぼったのに対し、プライベートなアカウントについては「80%がパスワードを知らせる気がない」と答えています。

ソース:It’s official, corporate passwords are cheap

関連記事

DARPA「キーボードの打ち方のクセ」をパスワードの代わりにするシステムを開発中 - DNA

ノートパソコンの内蔵カメラで泥棒の顔を撮影・自動で持ち主に送信する罠ソフトが大活躍 - DNA

SSH接続でよく使われる「ユーザー名」と「パスワード」を収集し、1時間ごとにタグクラウドにして公開しているサイト - DNA

ソフトウェアのライセンスを違法共有サイトに1回アップすると77万4千651回コピーされる - DNA

誰でも簡単に(ハリウッド式の)スーパーハッカーになれるスクリプト「Hacker Typer」 - DNA

60m先から撮影した画像から鍵をコピーすることができるソフト「Sneakey」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧