世界のびっくりニュース

イギリス、アメリカ、中国語で「小麦粉を焼いた食品」はこう呼ぶ


世界中のどこにいっても小麦粉を原材料にして焼いた食べ物。なので同じような見た目でも国や地域によって様々な呼び方があります。そんなパンやビスケットなどの名称の違いについての紹介です。

イギリス

スコーンは有名ですね。クレープは薄焼きのパンケーキの範疇に入るようです。

アメリカ

私達にとってクレープといえばこちらのイメージ。

中国

何となく意味がわかってしまう中国語。

アメリカ英語だけではなく、中国語、更にはイギリス英語にも影響を受けている日本だとさらに複雑化しそうな気がします。

ソース:Categorisation of baked goods (and pancakes) in English and Chinese | haonowshaokao

関連記事

巨匠・黒沢明の肉筆によって描かれた映画の1シーンの絵画と実際の場面を比較 - DNA

消えゆく紛争の傷、サラエボの1990年代と現在を比較した写真15枚 - DNA

超有名ウェブサイトの昔と今のサイトデザイン比較16パターン - DNA

Windows、Apple、Linux、それぞれのトラブル対処方法を比較してみる - DNA

「キミも成長したね……」と感慨深くなってしまう比較画像15枚 - DNA

世界25の国や地域の1週間で食べる食料とその家族を比較した写真 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧