科学と技術

iPhoneに力の向きと大きさを同時に入力できる「3次元ジョイスティック」の動画


ゲームは3Dが当たり前になってきたのに、入力デバイスは未だに二次元のまま。2つ以上のボタンやスティックを組み合わせないと3次元の動きを再現することができません。この「3次元アナログジョイスティック」は、iPhoneの内蔵カメラをうまく利用し、非常に簡単な原理で3次元の動きを入力することができます。


開発したのは慶応大学の牧野泰才特任助教。同じく慶応大学メディアデザイン研究科の舘暲(たち・すすむ)教授の研究室で開発された「GelForce」技術を応用し、非常にシンプルなデバイスで3次元入力を可能にしました。

iPhoneの内蔵カメラにかぶせるように取り付けられたジョイスティック。押し込むとUFOが画面の奥に引っ込んでいくのが見えます。

秘密は内側に取り付けられた赤と緑のマーカー。

こういう風に2層になって取り付けられています。

内蔵カメラはこのマーカーの位置から上下左右の動きを検出。

そしてここが「Gelforce」技術。上から押し込むと力の大きさによってマーカーの格子の歪み方が変わってくるので、これをカメラでとらえます。

直接ディスプレイを触ることがないので表示面の汚れが減ります。また背面のカメラにセットすれば、ディスプレイを指で遮らずに操作することもできます。

動画はこちらから。
3-Axis Analog Joystick For Touchscreen Devices #DigInfo – YouTube

原理的にはカメラの性能が上がれば上がるほど微妙な動きを感じることが可能。またもちろんiPhoneだけでなく他のどのデバイスにも応用可能です。ゲームに使うのも面白そうですが、片手で自動車のリモコン操作など色々な使い方ができそうです。

ソース:3-Axis Analog Joystick For Touchscreen Devices – DigInfo TV – Tech News Videos From Japan | The latest technology, products, gadgets and scientific research direct from Tokyo

GelForce_Top

関連記事

全長6メートルの巨大マルチタッチディスプレイで大艦隊戦が楽しめるゲーム「Fleet Commander」 - DNA

2人プレイ専用、舌を使って操作する「キス・コントローラー」 - DNA

スクリーンの奥に裸眼擬似立体映像を生成するiPhoneアプリ「i3D」がすごい - DNA

「3Dタッチパネル」で、とうとう画面の中に入っていける時代が到来 - DNA

爆発的に普及したモーションコントローラー「Kinect」を使った作品のマッシュアップ動画 - DNA

全身で「Battlefield 3」を満喫できる究極のコントローラーの動画 - DNA

画面の中の3Dモデルの関節を自由自在にコントロールできるフィギュア「QUMA」 - DNA

あの感情を表現できる「ネコミミ」をDIY、キュートな女の子が装着した動画「Animatronic Cat Ears」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧