アートとデザイン

バンコクの猥雑な街を舞台に、機械化された人々の生活を描くSFショートフィルム「True Skin」


ほんの一瞬、目を離している間に大きく姿を変えてしまう街、バンコク。猥雑な雑踏を舞台に、自分の体を機械化するのが当たり前になったそう遠くない未来の姿を描いたショートフィルム「True Skin」の予告編です。


身体を改造するのが当たり前になった時代

「生身の人間お断り」

未改造の人間の居場所は急速に失われていた

誰もが体を改造する

猫でさえ

動画はこちらから。
TRUE SKIN TEASER on Vimeo

インディースの長編映画として制作進行中とのこと。徐々に現実を蝕んでいく未来の姿が不気味ながらも美しい映像です。

ソース:H1

関連記事

インド生まれの超絶特濃アクションSF映画「ロボット」5月12日から日本公開、公式サイトがリニューアル - DNA

すべての物語はつながっている……SFの歴史をまとめたインフォグラフィックスがすごい - DNA

無敵の疾走感、ナチSF映画「アイアン・スカイ」冒頭の4分間がYouTubeで公開 - DNA

超絶ドライブ感、アフリカ・ガーナ生まれのSF映画「2016」の予告編動画 - DNA

1960年代の最先端「ベル研究所」のSF映画のような内部写真いろいろ - DNA

あのアンドロイドに似たロボットが登場するSFスリラー?映画「Blinky」のティーザー動画 - DNA

同じ物語は二度とみられない、コンピューターが自動生成するモンタージュ映画「whiteonwhite:algorithmicnoir」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧