アートとデザイン

巨匠・黒沢明の肉筆によって描かれた映画の1シーンの絵画と実際の場面を比較


スピルバーグ、コッポラ、スコセッシなど世界を代表する映画監督に現在も影響を与え続けている日本映画界の巨匠・黒澤明。実は、映画界に入る以前には画家を志望しており、二科展に入賞もしているほどの腕前の持ち主。映画を撮る際もまず絵を描いてコンセプトの説明をしていたのですが、その絵画と実際の映画のシーンを比較した画像の紹介です。とにかく大迫力な「世界のクロサワ」の絵画に圧倒されてしまいます。

影武者

山県の死

風林火

乱1

乱2

赤富士

水車小屋の老人

狐の嫁入り 婿殿

八月の狂詩曲


ソース:Flavorwire ≫ Akira Kurosawa’s Paintings and Movie Frames Side by Side

関連記事

漫才や映画だけではない、「ビートたけし」こと北野武のアート作品10選 - DNA

村上春樹作品にインスパイアされて描かれた絵画やイラストいろいろ - DNA

西アフリカ・ガーナの素晴らしくアートな手描き映画ポスター30枚 - DNA

映画の内容を極限まで削り込み、単純化したポスター22枚 - DNA

ピクサー映画を可能な限り単純化したポスター10枚 - DNA

海外のアーティストによるジブリ映画作品のイメージイラスト12枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧