ネット・PC

「私たちアップル!」1980年代のApple社テーマソング「We Are Apple (Leading The Way)」


Apple社と言えばブランディング。とにかく執拗なまでに作りこまれた製品とコマーシャルは誰が見ても一目で「あ、Appleだ」と分かるようになっています。もちろん昔からそうだったわけでもなく、最初のころのコマーシャルは独特だけれどもミーハーなもの。こんな80年代テイストあふれるテーマソングなんかも作られていたようです。


今のCMとは全然イメージが違いますが、今見ても十分キャッチーです。
Tech : We Are Apple (Leading The Way) – YouTube

1984年1月22日にあの伝説的な「1984」コマーシャルが放映され、その2日後に初代マッキントッシュの発売がスタートします。しかしその前から既にセールス関係者や本社の営業部隊に向けて内覧会が行われていた様子。このテーマソングはそうした関係者向けミーティングで使われていたもののようです。

有名なのは1983年にアップル本社にほど近いクパチーノで行われたキーノートですが、当時アップル社のディーラーであった投稿者のコメントによれば、ニューヨークでもセールス関係者向けミーティングが行われていたそうです。

1983年のキーノート。冒頭で少しこのテーマ曲が流れていますね。
1983 Apple Keynote-The “1984″ Ad Introduction – YouTube

ちなみに、ニューヨークの内覧会に出席した投稿者は「2:47でLisaをわきに抱えて歩いてるけど、60ポンド(27キログラム)もあるんだから無理だろ」と他のディーラーとともに爆笑したそう。

しかしまた「このビデオが流れてすぐに同僚が電話をかけにいって『Apple社の株を買え』と言っていたのが印象的だった」と、当時の衝撃を語っています。

関連記事

あのApple社が80年代に展開していたアパレルラインのカタログ画像 - DNA

神秘の調和、アップル社のプロダクトデザインに隠された「黄金比」 - DNA

サムスンがどれくらいアップルからパクっているのかがよく分かる画像いろいろ - DNA

「Apple I」から「iPhone 4」までApple製品の進化の歴史をまとめた画像45枚 - DNA

スティーブ・ジョブズ自身が朗読した「Think Different」の未公開バージョンCM - DNA

iPhone→iPadへの進化から、Apple製品の未来を大胆予想するとこうなる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧