ネット・PC

元恋人に「自分の悪かったところ」を質問するのを手助けしてくれるWebサービス「WotWentWrong」


恋愛というのはある日突然ダメになることもありますが、たいていは長い時間をかけて終わっていくもの。なので振られたほうは「何がマズかったのか」がよく分からないまま、次の恋愛に突入し、そして……という悪循環に陥りがち。そこでこのWebサービス「WotWentWrong」を使えば、失恋スパイラルを打ち切ることができるかもしれません。


さてそれでは「WotWentWrong(What Went Wrong = 何が悪かったの?)」はいったいどういう仕組みなのか見てみましょう。

だいたいにおいて振られる人というのは、毎回失恋するべくして失恋しているもの。そこには隠れたパターンがあるかもしれません。

自分の恋愛のマズいところは元恋人が一番よく知っているはず。でも直接聞くのはなんだか気恥ずかしい……

そんなあなたを助けてくれるのは「WotWentWrong」というわけですね。

「WotWentWrong」はすべての操作をとっても簡単にすることで心のカベを取り払うというコンセプトのサービス。まず元恋人にフィードバックを依頼するメールは、ひな形が用意されているので難しく考えずに送信することができます。

さて、これを受け取った元恋人にも、気楽に回答ができる仕掛けが用意されています。

こんな感じで様々なジャンルの回答パターンがプリセットしてあり、クリックするだけで出来上がり。もちろん自由記入欄もあります。

回答してくれた元恋人には何かしらの特典をプレゼント

そして自分は自分のマズいところを直して、次の恋が見つかるかも……

フィードバックを得て賢くなる……というよりは「振られちゃった……そうだ理由を聞いてみよう☆」みたいなポジティブな人になれるかもしれない、というのがこのサービスの一番大きな効果のように思えます。

動画はこちらから。
WotWentWrong Explanatory Video on Vimeo

ソース:WotWentWrong

関連記事

ITで起業しちゃった人とデートしてはいけない29の理由 - DNA

SNS上で彼女の代わりに甘い会話の相手をしてくれるWebサービス「Cloud Girlfriend」 - DNA

Facebookのデータ10000件から明らかになった「恋人達の別れの季節」5つ - DNA

[字幕動画]もし、ソーシャルネットワークサービスの「中の人」が現実世界に出てきたらこんな感じになるというおもしろ動画 - DNA

Tumblrをバックアップするためのツールやウェブサービス、スクリプトなどまとめ - DNA

アマゾンのクラウドサービス「AWS」の東京を含む全リージョンのレイテンシを一括調査するウェブサービス「CloudPing.info」 - DNA

Google提供、Webページ表示スピードの無料診断をオンラインで行なうサービス「Page Speed Online」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧