アートとデザイン

1839年のイギリスで予想された20世紀のファッションはこんな感じだった


1839年6月に発行されたイギリスの月刊誌「ストランド・マガジン」が20世紀のファッションは今後どうなっていくのかを予想したイラストの紹介です。日本で言えば高杉晋作の生まれた江戸時代後期の年に予想された、20世紀のファッションは一体どういうものだったのかがよくわかります。

「ストランド・マガジン」は、「シャーロック・ホームズシリーズ」のコナン・ドイルや「ミステリの女王」のアガサ・クリスティ、「戦争と平和」や「アンナ・カレーニナ」などの代表作で知られるレフ・トルストイ、「SFの父」と呼ばれるハーバート・ジョージ・ウェルズなど19世紀を代表する小説家たちが寄稿していることでもとても有名な月刊誌でした。1891年に創刊され、第二次世界大戦中に資金調達が難しくなり1950年に廃刊しています。

1. 1893年 ここからどのように変わっていくのでしょうか。

2. 1905年

3. 1908年

4. 1910年

5. 1902年、1911〜1912年

6. 1912年

7. 1912年

8. 1920年

9. 1922年

10. 1926年

11. 1929年

12. 1935年

13. 1938年

14. 1940年、1945年

15. 1936年、1937年、1945年

16. 1950年、1946年、1948年

17. 1950年、1952年、1955〜1956年

18. 1960年、1965年、1965年

19. 1970年

20. 1975年

21. 1978年

22. 1984年

23. 1932年の春と夏のファッション

24. 1989年、1993年

1910年の予想では2000年はこうなっているはずだった……」でも未来の予想図を紹介しましたが、やはり未来がどうなっていくのかを正確に想像し予想するのはとても難しいようです。

ソース:Future Dictates of Fashion – Art Index

関連記事

昔と今で描き方がこんなに違う「未来予想図」の比較 - DNA

有名ロゴの過去から現在、そして未来を予想したらこんな感じに - DNA

iPhone→iPadへの進化から、Apple製品の未来を大胆予想するとこうなる - DNA

ものすごい正確さで未来を描いた1993年のTVコマーシャル「You Will」に登場した20個の技術 - DNA

1910年の予想では2000年はこうなっているはずだった……という画像23枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧