ネット・PC

スタイリッシュでインタラクティブなワードクラウドを実現するJavascript「d3-cloud」


好きなキーワードで検索した結果からよく用いられている単語を抽出しスタイリッシュに表示してくれるワードクラウドを簡単に実現するJavascriptが「d3-cloud」。クラウドの形状や文字のフォント、表示する最大文字数などきめ細やかに設定でき、日本語にも対応しています。

Word Cloud

使い方はとても簡単です。まずはTwitter、Tweeps、Wikipediaの中から検索したいサイトを選択します。または、Customを選択しサイトのURLを入力します。次に、検索したいキーワードを入力します。デフォルトではサイトはTwitter、キーワードはcloudになっています。

クラウドの螺旋形状(Spiral)、文字サイズパターン(Scale)、フォント(Font)、文字の傾き(Orientation)、表示文字数(Number of words)、文字色の組み合わせ(Colours)の細かな設定ができます。さらに作成したワードクラウドのダウンロードも可能です。

ソースコードはgithubで公開されています。
jasondavies/d3-cloud – GitHub

カテゴリ: ペーパーバック
発売日: 2011-01-25

関連記事

Linux.comが選ぶ2011年の最も重要なオープンソースプロジェクト10選 - DNA

SSH接続でよく使われる「ユーザー名」と「パスワード」を収集し、1時間ごとにタグクラウドにして公開しているサイト - DNA

老若男女の音楽の好みについて、X-Yグラフとタグクラウドを組み合わせて解析した図 - DNA

アマゾンのクラウドサービス「AWS」の東京を含む全リージョンのレイテンシを一括調査するウェブサービス「CloudPing.info」 - DNA

図書館にある無数の本を並べ替える作業を支援する拡張現実(AR)システム「ShelveAR」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧