世界のびっくりニュース

パラボラアンテナ完動、5メガトンの核爆発に耐える宇宙通信基地販売中


最新の施設だったものがより安価なものと交代し、どんどん下取りに出されるのは世の習い。大規模通信施設も例外ではありません。アメリカでは色々なものが売りに出ていますが、今回、冷戦中の宇宙通信基地が売りにでています。


売りに出されているのはジェームズバーグ通信基地。もともとはAT&T社が太平洋を越える通信を一手に中継するステーションで、1969年にはアポロ11号からの月着陸の第一報を伝えた由緒正しい通信基地でもあります。

その後、海底を通る光ファイバー網の発達のため2002年に閉鎖、11人のハム無線愛好家によって買収され、様々な実験に使われました。その後2005年に個人に売却されたあと、今回再び売りに出た模様。

周囲にはこんな風景が広がります。

場所はここ。周りには何もありません。

View Larger Map

また、60年代の軍拡競争中に建てられたので核戦争対策もバッチリ。建屋は5メガトンの核爆発にも耐えられます。

施設は稼働。直径30mのアンテナで静止軌道衛星との通信が楽しめます。

ただしアンテナを動かすと電気代で3000ドル(23万円)ほどかかります。

お値段はアンテナセンターに野球場60個分となる64ヘクタールの土地、ヘリポートなどを合わせて295万ドル(約2億円)という、内容からすればバーゲン価格。映画スタジオなんかが買いそうな気もします。

ソース:18773 Cachagua Road, Carmel Valley, CA 93924 – presented by The Aronson Team Bert Aronson

For Sale: Nuclear Bomb-Proof Space Station In Carmel Valley – Central Coast News Story – KSBW The Central Coast

Bomb-Proof Earth Station for Sale | NBC Bay Area

カテゴリ: 単行本(ソフトカバー)
発売日: 2011-03-27

関連記事

15万ドルで人工衛星を買い取って無料インターネット接続の提供を目指すプロジェクト「Buy This Satellite」 - DNA

北アフリカ・モロッコの風物詩、旧市街と衛星アンテナの組み合わせがすごい - DNA

発展途上国にDIYで無線インターネットを提供するオープンソースプロジェクト「FabFi」 - DNA

ドイツのハッカー、検閲を避けるため独自の通信衛星の打ち上げを計画中 - DNA

容量たったの5メガバイト、でも運ぶのにフォークリフトが必要だったいにしえの記憶装置「IBM 350」 - DNA

普通のパソコンを電波時計の基地局にできるフリーウェア「JJYシミュレータ」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧