アートとデザイン

極限まで鍛えられた極太の首を持つアメフトプロリーグ・NFLの選手たち8人


タックルやブロックなど激しいボディーコンタクトのあるスポーツでは、怪我や骨折とうまく付き合っていくのも選手の力量。しかし、1番守らないといけないところはやはり首。ということで、ほとんど切り株のような首をしたNFLの選手たちの写真の紹介です。これぐらい鍛えていないと、とんでもなく激しいコンタクトのあるプロの世界では厳しいのでしょうか。

Takeo Spikes

ポジション:ラインバッカー
所属チーム:サンディエゴ・チャージャーズ

Roman Harper

ポジション:セーフティー
所属チーム:ニューオーリンズ・セインツ

Paul Posluszny

ポジション:ラインバッカー
所属チーム:ジャクソンビル・ジャガーズ

Kelly Gregg

ポジション:ディフェンシブタックル
所属チーム:カンザスシティ・チーフス

Maurice Jones-Drew

ポジション:ランニングバック
所属チーム:ジャクソンビル・ジャガーズ

Riley Cooper

ポジション:ワイドレシーバー
所属チーム:フィラデルフィア・イーグルス

David Diehl

ポジション:オフェンシブライン
所属チーム:ニューヨーク・ジャイアンツ

Devin Aromashodu

ポジション:ワイドレシーバー
所属チーム:ミネソタ・バイキングス

もう、頭が小さのか、首が太いのかわからなくなってきました。

ちなみにこちらの動画は、Xリーグのチーム「阪急ブルーインズ」の選手が首を鍛えている練習風景です。
首のトレーニング|阪急ブルーインズ – YouTube

ソース:The NFL’s Widest Necks – Slate Magazine

しあわせの隠れ場所 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-11-23)
売り上げランキング: 1476

関連記事

新体操からアメフトまで、究極に最適化されたアスリートたちの体型をスポーツ種別に比較した写真 - DNA

母の愛、チアリーダーがいない高校アメフトチームのため母親達が大活躍 - DNA

アメフトの試合中、乱入したニセ審判が勝手にゲームを中止して大乱闘に - DNA

まさに一球入魂、小さなボールに全神経を集中している卓球選手たち - DNA

激しく殴り合うボクサー達のビフォー・アフターを並べて比べた写真 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧