アートとデザイン

あのApple社が80年代に展開していたアパレルラインのカタログ画像


Apple社の製品はコンピュータ本体だけでなく、様々なアクセサリも含まれます。これらによってトータルにライフスタイルをデザインしよう、というコンセプトなのですがその一環として作られたのがこちら。80年代中ごろにApple社が展開していたアパレル商品のカタログは、なんというかとても先端をいっていたようです。


カタログの表紙がこちら。上部に「1986~1987」の表記があります。しかしすごいフォントですね……昔のApple Garamondとも、現在用いられているAXISやMyriadとも違います。

七色リンゴのロゴが入ってたトレーナー。

オールドユーザーには懐かしいTシャツのイラスト。

これぞAppleというフォントですが、色がすごい。

スウェットがAppleブランド。こちらはロゴなし版。

このトレーナーもシンプルながらなかなか刺激的な色使い。

キャップいろいろ。

オフィスでの着用に最適なデザインのワークシャツ。

ベルトに袖なしジャケット。

ロゴ入りポロシャツ。

キッズラインも揃っていました。

おもちゃもアリ。

ウィンドボードも用意されていたそうです。

実に時代を感じさせる色使いやデザインですが、俗っぽいといえば俗っぽい。いったい誰がゴーを出したのかは不明ですが……創業者のスティーブ・ジョブズは業績不振のため1985年にアップル社からほぼ追い出されており1997年まで帰ってきていないので、おそらく彼の審査は経ていないものと思われます。もし彼が今、アパレルラインをリリースするとすれば、どのようなものになったでしょうか。

ちなみに90年代に入ってからはこんなコラボ商品も作っていたようです。リンゴのオーナメントが付いているキーリングは通常商品でもあるのですが、これはオーナメントがちゃんとApple社のロゴのように欠けています。2000年ごろはYahoo!オークションでも時々みかけることがありました。
ティファニー製Apple Computerキーリング: Any Way You Want It

ソース:The Trad: Head Over Heels For The 1986 Collection

アップルデザイン―アップルインダストリアルデザイングループの軌跡
ポール クンケル
アクシスパブリッシング
売り上げランキング: 563806

関連記事

神秘の調和、アップル社のプロダクトデザインに隠された「黄金比」 - DNA

50~60年代のフレンチ・ファッションに身を包む、コンゴ共和国の半端無くダンディーな紳士「サペー」たち - DNA

あなたのiPhoneをバブリーな80年代仕様にしてしまうケース「80s Retro iPhone Case」 - DNA

現在ではあまり見ることのできない、70~80年代の最先端ファッション - DNA

1930年頃のファッションデザイナーが予想した「2000年の流行ファッション」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧