ネット・PC

「腰パン」の秘密を暴露する解剖図


ズボンをずり下げて履く奇習「腰パン」。体制に疑問をもつ問題意識の高い人たちが、だぶだぶでサイズの合わない刑務所の制服をマネしたのが発祥であるとも言われていますが、実はあの中はこうなってるんじゃないの?という想像図がこちらになります。


実はものすごい短足を隠しているに違いない!
Anatomy of An Urban Thug

あるいは密出入国的な誰かを隠しているのかもしれません。
Gangsta pants image by coortusdjeis on Photobucket

ところで日本ではスノーボードの日本代表選手が記者会見の場でユニフォームを着崩していたのが一部の人の間批判を呼んだことがありましたが、本場・アメリカではどうなのでしょうか。

これは当時62歳の活動家、ラリー・プラットがオーディション番組「America’s Idol」に出場した際に歌った「Pants on the Ground(ズボンずってんぞ)」と腰パンを批判するラップの動画なのですが、YouTubeで公開されてから800万回以上再生されており、同じ思いを抱いている人は多いようです。
Pants On The Ground American Idol – YouTube

また、腰パン(Sagging)をしている人を英語で「Sagger」と言いますが、反体制・不良っぽい・ギャングスタという風なイメージで語られるほか「刑務所でレイプされるカーストの人」転じて同性愛者であるという含みもあるそうで、「Sagger」で画像検索してみるとそれっぽい画像がたくさん現れます。なかなか複雑な風習のようですね。

スカイネット 立体パズル 4D VISION 動物解剖 No.01 豚解剖モデル
青島文化教材社 (2008-05-29)
売り上げランキング: 12111

関連記事

イギリスの少年ギャングたちの一端を垣間見れる写真12枚 - DNA

映画館に行ったら周りが全員マッチョなバイカーギャングだった……というドッキリ動画 - DNA

人種差別の嵐の中でバイクに乗り続けた、アフリカ系モーターサイクルギャング達の画像 - DNA

南アフリカの元死刑囚たちのタトゥー写真集「Life After」 - DNA

ニセ札で相手をだましたと思ったらニセのコカインを掴まされていた麻薬売買組織が摘発 - DNA

[字幕動画]変な客を皮肉った歌をYouTubeにアップしたスターバックスの店員が解雇される - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧