科学と技術

砂漠の未来都市、ドバイで今ものすごく足りないもの


砂漠の中に立つコンクリートジャングルにして中東屈指の商業都市ドバイ。いわゆるドバイ・ショックによって勢いはやや削がれたものの、100階建て以上のビルがビシバシ建っているあたり、やはり未来を象徴する都市といえます。そんなドバイで、今、ものすごく不足していて深刻な問題となっているものがあるのです。


それは、下水道システム

ビルはたくさん建っているのですが下水道の整備がまったく追いついていないので、汚水はトラックで回収し離れたところにある下水処理施設に運搬しなければいけません。

そのトラックの数たるや1日走っても列の先頭にたどり着かないことがあるほど。下水処理施設の数も少ないので、順番を待つトラックは砂漠の真ん中でこうして何時間も待たなければならないのです。
The Poop snake – YouTube

うっかり雨でも降って、少ない下水管に砂が詰まると大変な悲劇が起こるのだとか……

また、100階建て以上の高層ビルがゴロゴロしているドバイですが、これだけ高いと中に入るテナントに制限をつけていてはビルが埋まらないので、どうしても上はホテル、下はオフィスという混合ビルにならざるを得ません。そうすると質や量の違う人ごみが入り混じることになるため、出入り口やエレベーターの配置にものすごく苦労するのだそうです。

ここまで人とカネを集めるのは生まれて50年の都市としては立派なものですが、今後の発展は地道なインフラの整備にかかってくるのではないでしょうか。

ソース:How The World’s Tallest Skyscrapers Work : NPR

関連記事

栄華を極めたドバイの都会っぷりがよくわかる写真やパノラマ画像いろいろ - DNA

F1ドライバー・シューマッハがドバイの島に作った超豪華だけどあまり羨ましくない別荘 - DNA

砂漠に人工的に作られた2つの都市、ドバイとラスベガスの昔と今 - DNA

世界25大都市の昔と今を並べて比べた写真いろいろ - DNA

ブラックベリーのネットワーク障害でアブダビの交通事故が40%も激減していた - DNA

同じアングルで撮影された観光名所の写真を数百枚重ねた幻想的な画像集「Photo Opportunities」 - DNA

ゴミを捨てるのが楽しくなってしまう「世界で一番深いゴミ箱」 - DNA

モザンビークの劣悪な環境のゴミ集積所を生活の場にしている人々を追ったドキュメンタリ写真「Trash Land」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧