科学と技術

「東側×レトロ」な組み合わせがたまらない、1960〜70年代のソ連製自動車いろいろ


1960年〜1970年代、アメリカではV8エンジンを搭載したマッチョな自動車がブイブイ言わせていたのに対し、東側諸国ではコンパクトで実用性の高いものが主流でした。当時ソ連最大の自動車メーカーだったヴォルガ自動車工場(現:アフトヴァース)のラーダやヴォルガなど、今見てもとてもキュートなフォルムをした自動車ばかりです。

ラーダ(LADA)

国内向けのブランド名はジグリー、国外向けのブランド名がラーダとして現在も販売されている自動車。また、1974年〜2002年までロータリーエンジンを搭載したシリーズが販売されていたようです。




ヴォルガ(VOLGA)

GAZ(ゴーリキー自動車工場)が生産していた中型セダン。






ZAZ

現在のウクライナにある自動車メーカー「ルーツィク自動車工場」が生産していた車。







ソース:Retro Cars from Soviet Union | creative

ロシアの大人の部屋
ロシアの大人の部屋
posted with amazlet at 11.10.10
豊田 菜穂子
辰巳出版
売り上げランキング: 173966

関連記事

ロシア的倒置法:ソビエトロシアでは車を瓶に積む - DNA

滅びの美しさ、混沌の中にあった90年代のソビエト連邦の画像 - DNA

[閲覧注意]犬の頭脳に機械の体……ソ連が開発していた謎の「バイオロイド」の資料 - DNA

国際宇宙ステーションで暮らすロシアな人の日々をつづる画像いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧