科学と技術

「クラシックカー天国」なキューバの公共交通機関や自家用車の写真


キューバでは1959年の革命以前に作られた車のみが売買可能であったため、ものすごく古い車を修理しながら大事に乗り継ぐ、というある種のマニアにはたまらない国でした。2011年10月1日より車の売買が解禁になったため、近い将来こんな風景も見られなくなってしまうのかもしれません。


バスの動力は赤いトラクター

トレーラー型のバス




銀色とピンク色のコントラストが素敵なバス

客車部分は作れてもエンジンなどを作る産業がないので、トラック部分だけ買ってくる、というケースが多いのではないかと思われます。

なにせ残ってるバスがこんなんですからね……。

人買いではなく乗り合いバス

乗り方が斬新です

列車もどこかからの払い下げでしょうか。

また、キューバ名物クラシックカーが街に馴染んでいる風景はこんな感じです。

首都ハバナ郊外のビーチに駐車してある1956年製シボレー

レストア中なのか、オープントップに改造したのかは不明ですが1917年製フォード・モデルT

常にメンテナンスを必要としています。

結婚式で使用されているフルサイズのビュイック・センチュリー

ハバナを走るフォード

「でも古いアメ車なんか燃費悪くて最悪じゃないの?経済封鎖されてたから修理部品も入ってこないだろうし……」と思ったアナタ、鋭い。ボディはアメ車でも、実はエンジンやトランスミッションなど複雑な部品をソ連車のものと入れ替えたものが多いそうですよ。

売買の自由化でそんな余計な苦労も過去のものになりそうですが……世界で流行している安価な日本車・韓国車・インド車にこの貫禄が出せるかというと難しいのではないでしょうか。

ソース:Public Transport in Cuba | FDD

Cuba's cars – in pictures | World news | guardian.co.uk

旅行人160号特集キューバ・革命の島を徹底ガイド!
松尾 よしたか さかぐち とおる 上野 清士 渡辺 義孝 石井 光太 田中 真知 樋口 聡
旅行人

関連記事

こんなに違う!世界45カ国の女性警察官達の画像いろいろ - DNA

世界のリーダーにバッチリメイクを施したら、とんでもないことになってしまった - DNA

普通のスクールバスでものすごいところを走破してしまうニカラグアのバス運転手 - DNA

有名なロンドンの二階建てバスが鉄道高架で痛恨のミス - DNA

ザ・大名旅行!インドを走る世界一豪華な列車「マハラジャ・エクスプレス(Maharaja Express)」 - DNA

未来の鉄道では列車から列車に「走りながら乗り替える」ようになるかもしれない - DNA

80年前の「新幹線」、プロペラ推進式の超高速鉄道「シーネンツェッペリン」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧