科学と技術

ノートン・フェザーベットフレームにハーレーのVツインエンジンを積んだハイブリッドバイク「Norley」


その昔、バイクがまだまだ未完成だったころは違うメーカーのフレームとエンジンを組み合わせて使うことがあり、中でもノートン社の「フェザーベッド・フレーム」は羽布団のように乗り心地がよい、と大評判でした。それではトルクの象徴、ハーレーのエンジンを積むといったいどんなバイクに仕上がるのでしょうか?


ノートン社のフレームに違うエンジンを積んだバイクではトライアンフ社のエンジンを積んだ「トライトン」や、ヴィンセント社と合わせた「ノーヴィス」などがありますが、こちらはハーレー・ダヴィッドソンとのハイブリッド。

長めのタンクにハの字に垂れたハンドルのクラシカルなカフェレーサースタイル。フロント周りはドゥカティのスポーツ1000のもの。

二本のパイプがぐるりとエンジンを取り囲むフェザーベッド・フレームは、その昔の傑作フレーム。もちろん当時のものではなくイギリス・ JW Motorcycles社製のレプリカ・ハンドメイドフレームにさらに補強を施してあるようです。

タンクはハンドメイドのロングタンク。フォントはそのまんまノートン風です。V-RODっぽくもありますね。

マフラーエンドはニッコリと。

銀黒だとさらにカフェレーサーっぽい。

こちらのホームページでフレームやタンクなどのパーツを制作販売しているほか、完成品も1万6千800ドル(約129万円)から販売しています。結構お値打ち価格です。
Norley Cafe Racer

スーパーカブのレストア&メンテナンス
岩野 漠
スタジオタッククリエイティブ
売り上げランキング: 365846

関連記事

インドの街並みを美しく描いたバイクメーカー「Royal Enfield」のCM動画 - DNA

過去と未来の融合、クラシックレーサーを電動バイクにコンバートした「Volta」 - DNA

流線型のグラマラスなカウルがかっこいいカスタムバイク「1930 Art Deco Henderson」 - DNA

その名は「ハーレー殺し」、70年代最速のドラッグレーサーバイク「Hogslayer」 - DNA

100年以上前に製造されていたビンテージ・バイクいろいろ - DNA

最新電動レーシングバイク「MissionR」驚きの内部構成が公開 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧