科学と技術

江戸時代のオーバーテクノロジー「からくり人形」を捉えたドキュメンタリー「Karakuri」


江戸時代に作られたロボットのご先祖「からくり人形」は当時としてはすさまじく高度なメカが使われており、中には現代の技術でも再現が困難なものもあるそうです。そんな伝統と挑戦の世界に迫ったのがこのドキュメンタリー「Karakuri」。HD撮影の美麗な映像がステキです。


大阪・寝屋川市に拠点を置くからくり人形の制作・研究集団「夢からくり一座」の東野秀規氏が出演。父親である座長・東野進氏から技術を受け継ぐことを決めたエピソードを語ります。
Karakuri on Vimeo

撮影は中東を拠点とするテレビ局アルジャジーラのカメラマン、マシュー・アラード氏。同局のショートフィルムシリーズ「Frames」向けに撮影されたものです。

ソース:DSLR News Shooter | Filming Japan’s robot ancestors using the Sony F3 – for Aljazeera’s Frames

日本のからくりアイディア工作

くもん出版
売り上げランキング: 324235

関連記事

空中で静止・映像送信が可能な体長わずか16cmのハチドリ型偵察ロボット - DNA

「人類史上最強」のボウリング・ロボットが人間のボウラーに負けた意外な理由 - DNA

サンドバッグに飽きた人向け、いくらでもスパーリングの相手をしてくれるボクシングロボ「Punching Pro」 - DNA

ロボットサイエンスがまた1歩進化、今度は「タオルを折れるロボット」が誕生 - DNA

轟音を上げながら5つのボールでお手玉するジャグリングマシーンの動画 - DNA

[閲覧注意]犬の頭脳に機械の体……ソ連が開発していた謎の「バイオロイド」の資料 - DNA

「デトロイトにロボコップの銅像を!」運動に約480万円の募金集まる - DNA

あのアンドロイドに似たロボットが登場するSFスリラー?映画「Blinky」のティーザー動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧