アートとデザイン

壁一面にお札を貼り付けたアート作品「10万ドルの部屋」


もし10万ドル(約800万円)が手元に転がり込んできたら……と考えると嬉しさのあまり眠れなくなってしまう人がほとんどだと思います。とある芸術家がコンテストの賞金でこの大金を獲得したのですが、これを使ってさらにアート作品を作り上げてしまいました。


豪華を通り越して不思議な部屋を作り上げたのはハンス・ペーターフェルドマン氏。ヒューゴ・ボスの主催する現代美術賞を受賞した際に、賞金の10万ドルとニューヨークのグッゲンハイム美術館での個展を行なう権利を獲得したのですが、フェルドマン氏はこの賞金を丸々使って美術館にこの作品を作り上げたのです。

「どこにでもあり、誰でも触ったことのある1ドル札を使って、その量や経済的可能性の途方もなさを表現する」のが目的なのだとか。確かに圧倒的なビジュアルです。

ソース:Guggenheim Museum’s $100,000 Room – My Modern Metropolis

関連記事

お札を宙に浮かせるマジックで、ドライブスルーの店員の度肝を抜き続ける動画 - DNA

くしゃくしゃにしたお札そっくりな梱包材「Financial Padding」 - DNA

紙幣1万枚を運んだり隠したりするのは結構大変なことが分かる画像 - DNA

あらゆる買い物で大活躍する「1ドル紙幣」の秘密いろいろ - DNA

あまりに高額な授業料に疑問をもち、全額を1万4千枚の1ドル紙幣で支払った青年 - DNA

思わず生命の神秘を感じてしまう「フラクタル立体」の動画 - DNA

「お金についている悪い魂を洗い流してあげる」という詐欺で3人が逮捕 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧