世界のびっくりニュース

中国・北京にある文化大革命をテーマにしたレストラン「紅色経典主題餐庁」


中国の「文化大革命」は近代史の悪夢としては五本の指に入るであろう暗黒時代ですが、のど元過ぎれば熱さを忘れてしまうのか、あの時代を懐かしむ人たちでにぎわうテーマレストランが北京にあるそうです。


そのなも「紅色経典主題餐庁」。紅色経典とは当時の指導者や思想家の語録ですが、ユニフォームから料理、出し物に至るまで当時を思い起こさせる凝りっぷり。

赤い星が革命風味。

紅衛兵のウェイトレスさんというかなんというかな人。

工・農・商を表す像。昔はもっと色々なところに飾られていたのでしょう。

壁も革命プロパガンダ風味です。

ポスターにもぬかりはありません。


テーマレストランなので出し物つき。

当時の歌や革命劇など、文革時代そのままのステージが味わえるそうです。

食べ物は量も作りもかなり豪快なのだそうですが、このようにテーマに忠実に作られたものも……。

はっきりした記録が残っていないので詳細は不明ながら、当時1000万人を超える人々が処刑されたという文化大革命をテーマにしながらレストランは毎日満員なのだとか。文化大革命の善悪は問うまでもありませんが、青春時代を混乱の中ですごした人には懐かしい風景なのかもしれませんね。

ソース:Relive the Cultural Revolution (aka The Weirdest Dinner Theater in Beijing) : AsiaObscura

関連記事

ロシアで1941年の「赤の広場」での軍事パレードを再現 - DNA

1930年ごろに撮影されたロシアの首都モスクワの美しい着色写真 - DNA

ビジネスは戦争だ、オフィス用「旧ソ連のプロパガンダ」風ポスター - DNA

「第9中隊」 – ロシア史上空前の規模でアフガニスタン紛争を描く戦争ドラマ - DNA

ロシアの水道の蛇口はひと味もふた味も違っていた - DNA

今、世界の独裁者が最も恐れているものを端的に表現した一枚の絵 - DNA

人類とIE6の戦いについに終止符、マイクロソフト社が告知サイト「ie6countdown.com」をリリース - DNA

「私の友達が世界を変えたがっています……どうしたら止められますか?」という質問にコメント続出 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧