ネット・PC

狭い部屋でもKinectを存分に楽しめるアタッチメントレンズ「Nyko Zoom」


マイクロソフトの万能モーションコントローラー「Kinect」でちょっと問題なのは「読み取り範囲」。居間のテレビでプレイすることが前提となっているのか、センサーとの距離を十分に取らないとうまく読み込むことができません。でもこのアタッチメントレンズ「Nyko Zoom」は距離や角度の自由度を広げることが可能、日本の住宅事情にジャストフィットなオプションとなっております。


Nyko Zoomのアップ。要するにアングルの広がる広角レンズアタッチメントです。なんとなくファミコンロボットを思い出させる面構え。

ワンタッチでKinectにセットできます。

Nyko Zoomを使うことでこれまでよりも40%ディスプレイに近づくことが可能。1人プレイでは1.8mが推奨ですがこれを1mちょっとにすることができる計算です。また、読み取りエリア(白い線)の角度を広げられるので、2人同時プレイの時は特に便利そうですね。

ディスプレイに近づいてしまうので手が当たったりする事故や、ゲーム機本体のそばで飛び跳ねた振動でディスクの読み取りミスが起こったりというトラブルは増えそうな気もしますが、これで狭めの部屋でも思いっきりKinectを利用することができますね。

お値段は29ドル99セント(約2400円)で近日発売予定です。

紹介動画はこちらから。
YouTube – Nyko Zoom for Kinect

ソース:Nyko – Home

関連記事

爆発的に普及したモーションコントローラー「Kinect」を使った作品のマッシュアップ動画 - DNA

科学の勝利、Kinectを使って1人でも「アルゴリズム行進」を楽しめる - DNA

[字幕動画]Kinectを使ってGhost Recon Future Soldierを操作するデモがE3 2011で公開 - DNA

カンフーアクションでブロックを操作する「Kung Fu Tetris」 - DNA

CG人間の「不気味の谷」を飛び越える「表情キャプチャー」 - DNA

「3Dタッチパネル」で、とうとう画面の中に入っていける時代が到来 - DNA

ゲームのやり過ぎで起こりうる症状を特殊メイクで再現したアート「Game Arthritis」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧