世界のびっくりニュース

「iPad2」が欲しいあまりに自分の腎臓を売ってしまった中国の少年


「どんなことをしてでも手に入れる」という人でも、たいていの場合あまり無茶をしないものです。しかし中国には自分の腎臓を売ってiPad2を手に入れてしまった少年がいるそうです。


文字通り身を削ってiPad2を手に入れたと言われているのは、Zheng君(仮名)という17歳の少年。インターネットを探し回ったところ「臓器を2万2000元(約27万円)で買います」という広告を見つけ、早速このブローカーに連絡をとったのだそうです。

Zheng君は両親には何もいわず1人で病院に向かい、臓器ブローカーの監視のもと手術を受けたとのこと。iPhoneとiPad2を持って帰宅した母親が怪しく思い問い詰めたところ、腹部に大きな赤い手術痕が残っており発覚したのだそうです。

母親はその後警察に届け出たが、臓器ブローカーの電話番号は既に解約済み。病院はそのような手術とは一切無関係だとしており事件は闇の中へ向かいそうな雰囲気。そこまでしてiPad2が欲しかったZheng君もすごいですが、簡単に臓器が売れてしまう中国は本当に謎が多い国ですね。

関連記事

iPhone経由でWi-Fi iPadでもネットサーフィンが楽しめるようになる「非テザリング」アプリ「CoBrowser」 - DNA

iPhone→iPadへの進化から、Apple製品の未来を大胆予想するとこうなる - DNA

家庭にある身近で安定性の高いiPadスタンド、ただし衛生面に問題あり? - DNA

指紋のつき方で見るiPadアプリケーションのユーザーインターフェイス - DNA

12ポンドのボーリング球の落下の衝撃にも耐えるiPadスリーブ「iPad Extreme Sleeve」 - DNA

スクリーンの奥に裸眼擬似立体映像を生成するiPhoneアプリ「i3D」がすごい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧