アートとデザイン

データを絵で視覚化するインフォグラフィクス、立体でやるとどうなる?


複雑なデータを見やすく、しかも優れたデザインの図で表わしたインフォグラフィクスはしばしば私たちの目を楽しませてくれますが、もしこれを立体でやるとどうなるのでしょうか。キーボードのタイプ頻度を立体にすると、こんな感じで摩天楼が出現します。

Keyboard Frequency Sculpture from Michael Knuepfel on Vimeo.

英語でのタイピング頻度はこんな感じ。
Letter frequency – Wikipedia, the free encyclopedia

自分のタイピング頻度が気になる人はこんなソフトはいかがでしょう。キー別の頻度の他、時間帯別のタイピング量も測定できるので、自分がどの時間帯に一生懸命仕事をしているのか計ることもできます。
タイプ数カウンターの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

ソース:Keyboard Frequency Sculpture – Mike’s Blog

関連記事

クレードルやPCキーボードとしても使えるiPhone用外付けキーボード「Omnio WOWkey」 - DNA

どんなキーボードも静音仕様にしてしまう「キーボード静音カバー」 - DNA

わずか4つのキーだけでアルファベット・記号・カーソルなどの特殊キーをタイプできるモバイルキーボード「Kee4」 - DNA

1870年から現在まで、10年刻みで見るタイプライターの進化の歴史 - DNA

誰でも簡単に(ハリウッド式の)スーパーハッカーになれるスクリプト「Hacker Typer」 - DNA

机の表面とディスプレイをシームレスに繋いだ新世代ワークスペース「BendDesk」 - DNA

「Chase Goose」:悪夢の街を連打で脱出、トリッキーなタイピングがたまらないゲーム - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧