アートとデザイン

1930年ごろに撮影されたロシアの首都モスクワの美しい着色写真


ロシア、という言葉からは冬の鉛色の空を思い浮かべてしまうのですが、彼の地にはもちろん春も夏もあり、曇り空だけでなく晴れの日もあります。これは1930年代に撮影された白黒写真を染めた「着色写真」。高い建物が少ないせいか、それとも撮影者に強い印象を残したのか、青空の開放感がすばらしい写真です。



































ソース:Coloured Pictures of Old Moscow, Part II | English Russia

関連記事

ロシアで1941年の「赤の広場」での軍事パレードを再現 - DNA

ロシア・キエフの「戦車の墓場」に積み上げられた冷戦時代の亡霊達 - DNA

「どの従業員が一番美人か決められません……」ロシアのホテルがセクシーすぎる従業員カレンダーを制作 - DNA

国際宇宙ステーションで暮らすロシアな人の日々をつづる画像いろいろ - DNA

[閲覧注意]犬の頭脳に機械の体……ソ連が開発していた謎の「バイオロイド」の資料 - DNA

ビジネスは戦争だ、オフィス用「旧ソ連のプロパガンダ」風ポスター - DNA

すさまじい量の荷物を運べる世界最大のヘリコプター「Mi-26」がロシアから派遣される - DNA

ついに真打ち登場、ウクライナの超巨大輸送機「アントノフ An-225ムリーヤ」が日本にやってくることが決定 - DNA

頼りになりすぎる男達、ロシア軍特殊部隊の画像いろいろ - DNA

笑ってしまうくらい火薬多すぎ・危険過ぎなロシア警察SWATの突入訓練 - DNA

まるで時間が止まってしまったかのようなロシアの地下鉄のパノラマ画像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧