世界のびっくりニュース

運送会社UPSのトラックドライバー、勤続47年・480万km無事故という偉大なる記録を達成


交通事故のニュースを見ない日はないといっていいほど、ドライバーというのは危険な職業です。しかし運送会社UPSのトラックドライバーが実に偉大な記録を打ち立てました。いったいどのような秘訣があるのでしょうか。


世界規模の運送会社UPSで働くロナルド・ソウダーさんは67歳の現役ドライバ-。海軍を辞めたあと、UPSに入社し最初の16年間は集配トラック、そしてその後は「Feeder」と呼ばれる拠点間トラックの運転手として活躍しました。

その運転距離はのべ480万km。地球120周分、月まで6回往復できるという途方もないものですが、さらに驚くことにこの距離を無事故で走りきったのです。

「仕事が好きなんだ。それが続ける秘訣だね」と語るロナルドさん。

ロナルドさん曰く「油断しないこと、路上ではカッカしないこと、技術を磨き続けること」という3つを常に心がけているとのこと。いわゆる「防衛的運転」を行ない、他人がミスしても受け止められる余裕をもち、想定外の事態を想定すること、車間を空けて渋滞を避けることが運転のコツなのだそうです。

UPS社には世界で10万2千人のトラックドライバーがいますがその中でもロナルドさんは最年長。100年以上の社史の中で、ロナルドさんにかなうのは1人しかいません。ドライバーはアメリカで最も危険な職業第9位であることを考えると実にすごい記録ですね。

「45年間無事故というのはすさまじい快挙だ」とはCEOのマイク・エスキュー氏。「UPSのドライバーはもっとも安全でよく訓練された人達だが、ロンはその限界をぐっと上げた。彼を誇りに思うよ」とコメントしています。

ソース:UPS’s safest driver reaches a new milestone | UPS Compass

トップ画像:UPS Feeder | Flickr – Photo Sharing!

関連記事

史上最もカラフルな交通事故現場はこんな感じ - DNA

[閲覧注意]83歳男性がハイウェイを逆走し大事故を起こした瞬間の動画 - DNA

ものすごい配色で半端無くエキゾチックに装飾されているパキスタンのデコトラ画像13枚 - DNA

4340人の死亡事故からみた、「アメリカで最も危険な職業トップ10」とは - DNA

スーパーカー「アウディ・R8」をトラックがわりに使う人がいた - DNA

ハイウェイで前を走るトラックがいきなり爆発……したように見えるイリュージョン動画 - DNA

海抜2000mの山の中に48トンの大型トラックを運ぶシュールな方法 - DNA

レーシングカーとトラックの違いをコンパニオンガールから紐解く - DNA

中国の福祉団体「食用犬」を満載したトラックを急襲、580匹の犬を解放 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧