科学と技術

結構意外?完成一歩手前のペットボトルはこんな形をしていた


身近にたくさんあるものでも作り方はよく知らない、というものは結構あります。ペットボトルもおそらくそんな感じのものの1つだと思います。加工前の姿を見たらきっと驚くはず。どんな姿をしていると思いますか?


この「プリフォーム(パリソン)」と呼ばれる試験管状の原料を膨らませて作ります。
YIA25.jpg (JPEG 画像, 2592×1456 px)

ウソでしょ?と思った人はこちらのアニメーションをどうぞ。ブロー成形という方法なのですね。
Blowing step by step – YouTube

実際の機械はこちらから。説明アニメとはちょうど上下逆になっていますね。手前から原料が入っていって奥に抜けていきます。
YouTube – Bottle Making Process

関連記事

その名は「ハーレー殺し」、70年代最速のドラッグレーサーバイク「Hogslayer」 – DNA

サンドバッグに飽きた人向け、いくらでもスパーリングの相手をしてくれるボクシングロボ「Punching Pro」 – DNA

マッハ5の弾丸で厚さ3cmの鉄板を打ち抜き、その後7kmも飛ばしてしまうスーパー・レールガンの動画 – DNA

サムスンの「GALAXY Tab」に「警告文」が隠されていた – DNA

F-35戦闘機の脱出装置のテスト動画が迫力があるも恐ろしすぎる – DNA

まったくの白紙状態から最新技術を投入して開発されたランボルギーニの新12気筒エンジンが登場 – DNA

[閲覧注意]犬の頭脳に機械の体……ソ連が開発していた謎の「バイオロイド」の資料 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧