世界のびっくりニュース

動物園で飼われていたウォンバット、お客さんのナデナデが足らず「うつ病」と診断される


時に動物は人間以上にデリケートといいますが、これは相当なレベルの繊細さ。飼育園が台風で一時閉鎖となってお客さんとふれあうことができなくなってしまったため、寂しさのあまり「うつ病」と診断されてしまったウォンバットがいるそうです。


トンカ君はオーストラリアのビラボング自然保護区で飼われている2歳のウォンバット

先日オーストラリアを襲った超大型サイクロン「ヤシ」によって保護区も被害を受け、8週間もの間閉鎖され復旧することになったのですが、その間にトンカ君の様子がおかしくなり、体重が20%も減ってしまったそうです。

飼われている動物がこうした自然の災害によってストレスを受け体調を崩してしまうこと自体はよくあることなのです。しかしあまりにも異常行動が目立つようになったため、関係者は原因はサイクロンだけではないと判断。あらゆる手を尽くして診断してもらったところ、なんと「寂しくてうつ病」という結果が出てきました。

トンカ君は普段から抱きしめられたりよしよしされたり写真撮影に応じたりと来訪者とかなりの接触をもっており、保護区のスターとして相当な注目を浴びていました。しかしサイクロンによって閉鎖されている間、そのような触れあいがゼロになってしまったので抑鬱状態に陥ってしまったそうです。

その後、飼育員の懸命の看病により体調は復活。再開に向けて準備を整えています。

Donna Kilpatrickさん(16歳)とJayden Doevendansさん(16歳)からハグとナデナデの供給を受けるトンカ君。

2人の懸命の看病により、元気を取り戻しました。

動画はこちらから。
YouTube – Tonka the Wombat

ソース:Down-in-dumps wombat drops weight, just needed hugs | Townsville Bulletin News

Tonka | Tonka the wombat | Herald Sun

関連記事

患者の心を開くために女医が1枚ずつ脱いでいく究極の心理療法「ネイキッド・セラピー」 – DNA

患者の痛みを紛らわせるため制服に谷間を強調する民族衣装を採用したドイツの歯科医院 – DNA

「こんにちわー!」に気持ちよくレスポンスしてくれる七面鳥の群れのとっても癒されるムービー – DNA

衛生兵・救急隊員向けに隅々までカスタマイズされた懐中電灯「TOMAHAWK TC3」 – DNA

7匹の子ライオンにもみくちゃにされるお父さんライオンの動画 – DNA

バケツをかぶって遊ぶ、なんとも愛くるしい子どもシロクマの動画 – DNA

トゲトゲの毛皮とつぶらな瞳がキュート過ぎるハリネズミのお風呂タイム画像+動画いろいろ – DNA

謎の武術をマスターしてしまったかわいい子猫の動画 – DNA

お姉さんの真似をしてぴょんぴょんジャンプする子ヤギがかわいい動画 – DNA

手のひらに乗るほど小さなかわいいお猿さん、ピグミーマーモセットの画像いろいろ – DNA

「こいつの彼女、かわいすぎる……」とある彼女自慢の書き込みが掲示板サイトで話題に – DNA

「絶対離さないニャ……」とばかりに力いっぱいテディベアを抱きしめる猫のムービー – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧