世界のびっくりニュース

バーチャルリアリティー技術を使って安全・安価に訓練できる軍用スカイダイビングシミュレーター


パラシュートで降下して敵の背後に回りこむ「空挺部隊」は現代の軍隊に欠かせない存在ですが、訓練のコストや危険度からなかなか人数を増やすことができません。そこで、イギリスの国防省で解決されたのがこのバーチャルリアリティー(仮想現実)技術を用いたシミュレーター。雨の日も風の日も体力の続く限り何度でも飛び降りることが可能になったようです。


訓練施設は2011年1月に完成、テストを経て2011年3月から運用開始されるとのこと。

1度に8人が同時にジャンプすることが可能となっています。

訓練を受ける兵士はこのようにヘッドマウントディスプレイを装着。

兵士からはこのように見えます。風景は実際のパラシュート訓練が行われる場所を再現しているため、スムーズに実地訓練に移行できます。

また、教官も兵士の視点を共有できるためより確実な指導が可能になるとのこと。

実地訓練を完全に置き換えることはできませんが、座学を補完するには最適な教材であるという声が多いようです。イギリス陸軍では、パラシュートを利用するすべての兵士が、まずこのバーチャルリアリティによる訓練を受けるようになるそうです。

動画はこちらから。
YouTube – Star Trek science brings giant leap to forces parachute training 28.02.11

ものすごい数の人数に均一な訓練を施すためのコストや手間はまさに天文学的になるものの、訓練を減らすわけにはいきません。このため、なんどでも繰り返し使えて運用コストが低い仮想現実を用いたシミュレーターの開発はどこの軍でも活発に行われています。

こちらは民間ですが、光線デバイスを仕込んだエアガンとスクリーンを利用した360度全周シューティングレンジの動画。何度でも同じシチュエーションで練習ができるので、警官の逮捕手続きの訓練などに有用だと思われます。
YouTube – Gander Mtn. Academy

ソース:MoD launches £500,000 parachute jump simulator | Mail Online

関連記事

[閲覧注意]B級映画スタジオから軍の訓練機関へ、ハリウッドの技術が米軍の訓練を支援する – DNA

夢のコラボ、ダニエル・ディフェンス社とヴィッカーズ・タクティカルによる射撃教習DVDのプロモ動画 – DNA

マグプル、長距離射撃教則ビデオ「Art Of The Precision Rifle」予告編ムービーをリリース – DNA

陸上自衛隊とアメリカ海兵隊との合同演習「Iron Fist」での画像17枚 – DNA

陸上自衛隊とアメリカ海兵隊との合同演習「Iron Fist」での画像その2 – 19枚 – DNA

頼りになりすぎる男達、ロシア軍特殊部隊の画像いろいろ – DNA

FPSゲームを極めるための訓練ゲーム「FPS Trainer」 – DNA

ものすごい数の人間がこの動画の中に隠れ潜んでいます – DNA

これぞ本物、マグプル社製「iPhone3」「iPhone4」ケースがデビュー – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧