ネット・PC

アマゾンのクラウドサービス「AWS」の東京を含む全リージョンのレイテンシを一括調査するウェブサービス「CloudPing.info」


アマゾンの提供するクラウドサービス、AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)を利用する場合の一つの問題点として、レスポンスの遅さがありました。これは日本からの物理的なサーバの距離によって発生するわけですが、先日、ようやく東京リージョンがデビューした事によりこの問題も過去のものとなりそう。実際に他のリージョンと比べてどれくらい速いかをシンプルなウェブサービス「CloudPing.info」を使って調べてみました。東京リージョン、速いです。

CloudPing.info

操作方法はとても簡単。「HTTP Ping」をクリックするだけです。

拠点は「アメリカ・バージニア(東側)」、「アメリカ・カリフォルニア(西側)」、「ヨーロッパ・アイスランド」、「シンガポール」、「東京」の5つ。東京だとかなりレイテンシが低くなっていることがわかります。

Rest Backup社がこのサービスを提供しています。

関連記事:

CUI環境のLinuxでDropboxを動作させる方法 – DNA

作成時間15秒!HTML5サイトを目的に合わせて簡単に作成出来るサイト「Initializr」 – DNA

SSH接続でよく使われる「ユーザー名」と「パスワード」を収集し、1時間ごとにタグクラウドにして公開しているサイト – DNA

PCサイト上の画像をモバイル機器向けサイト用に自動変換、配信までしてくれるサービス「tinySrc」 – DNA

Facebookの世界中に点在するオフィスや巨大なデータセンタの写真 – DNA

海外のQ&Aサイトで見られた「ネットワークのホスト名、どうやって決めてる?」の回答いろいろ – DNA

ビル・ゲイツのブログに写っていてはいけないものが写った画像が掲載されている – DNA

複雑に絡み合うコード……プログラムの進化を視覚化すると大変なことに – DNA

Webデザイナー vs Webプログラマーの仁義無き比較イラスト – DNA

Facebookのルーツとなったサイト「Facemash.com」のドメインが約260万円で売却 – DNA

「ロシア政府はLinuxを導入せよ」プーチン首相が命令書にサイン – DNA

難病をおしてオープンソースコミュニティに貢献し続けた男に絶賛の声 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧