世界のびっくりニュース

悠久の歴史を持つ古都イスタンブールのガラタ橋やモスク、バザールの風景


かつては、ビュザンティオン、コンスタンティノープルとも呼ばれ、ブルーモスクやアヤソフィアなどに見られるイスラム文化が特徴的なトルコの古都・イスタンブール。ボスポラス海峡をはさみアジア大陸とヨーロッパ大陸にまたがり、様々文化が入り混じりながらも生活感あふれる魅力的な街となっています。金角湾に架かるガラタ橋で釣りをしている人々、いつも人でごった返しているグランドバザールやエジプシャンバザールなど、現在のイスタンブールを思いっきり実感できる写真です。


イスタンブールの中心部のエミノニュ(Eminonu)地区。最もイスタンブールっぽいとも言われるところです。

イスタンブールは、エミノニュから全てが始ったといわれています。

約4000の店と58の通りを有するグランドバザール

このグランドバザールには、毎日50万人以上の観光客を含めた来場客が来るとのこと。

また、宝石、アンティーク商品、土産品、革製品、絨毯など、グランドバザールでは扱っている商品の種類がとても多いのも特徴となっています。さらに、施設の中には、レストラン、モスク、墓地なども何でもあり状態。

盗品の携帯電話を売る男。

二番目に大きい香辛料で有名なエジプシャンバザール。



ゴミ収集車。女性が鼻を押さえているところをみると強烈な臭いがするようです。








イェニ・モスク



モスク内部の装飾はこんな感じになっています。


ガラタ橋からアジア大陸をみたところ

町のシンボルのひとつガラタ塔が良く見えます

これが有名なガラタ橋のフィッシャーマンたち。いつでもここで魚釣りをしています。

路上でタバコを売っている人とその友達二人。

子どもも釣りのお手伝い














ソース:Чистопрудов Дмитрий – Стамбул. Рыбаки и старые рынки.

関連記事

100年以上前の北アフリカや中東のかなり貴重な女性写真 – DNA

こんなに違う!世界45カ国の女性警察官達の画像いろいろ – DNA

現在ではあまり見ることのできない、70~80年代の最先端ファッション – DNA

豪華絢爛な民族衣装や化粧を身にまとったアフリカの王様や酋長の写真 – DNA

サハラ砂漠以南の西アフリカに現存する独特な伝統衣装 – DNA

数千もの人々が30分間で湖の魚を根こそぎ取り尽くすドゴン族の神聖な儀式の大迫力映像 – DNA

毛沢東時代の中国で撮影されたレアな復元写真いろいろ – DNA

カリフォルニア・シャスタ山の素晴らしく雄大な夜明けの画像 – DNA

世界一の人口密度、バングラデシュに集まるムスリムの人多すぎな礼拝の風景 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧