世界のびっくりニュース

「ダウニング街のネコ」復活、イギリス首相官邸ネズミ捕獲長が就任


イギリス・ロンドンのダウニング街10番地にある首相官邸では、昔からネズミ捕りのためにネコが飼われています。先代ブレア首相の時代には一時「引退」したものの、テレビ中継中にネズミが写りこむほどにネズミが増えてしまったため、新しくネコの「ラリー」が就任しました。


新しく首相官邸ネズミ捕獲長(Chief Mouser to the Cabinet Office)に就任したラリーは推定年齢3~5歳。周囲の談話では「旺盛な狩猟意欲をもつ」「非常に社交的で、官邸での任務はぴったり」となかなかの評判とのことです。

施設からダウニング街にやってきたラリー。

ちょっと緊張気味。

早速ウロウロと見回り。


お疲れです。

この職についたネコの中で、もっとも有名なのは1989年から1997年まで「就任」したハンフリーでしょう。ハンフリーは首相官邸に迷い込んだところを、時のサッチャー首相に抜擢され、官邸のネズミ捕り要因として活躍します。

緊縮財政のおり、素晴らしく低コストなネズミ駆除要員ということで首相をはじめ新聞記者や政界の面々、時には王族にも愛されていたそうです。

サッチャー退陣後もハンフリーは官邸で勤務を続けますが、労働党のブレア首相の就任とともにハンフリーも退役します。一説にはブレア首相夫人がネコ嫌いなので追い出されたという説もあります。

ネコ嫌い説は「ハンフリーは粗相をして安楽死させられたのではないか」という疑惑に発展し、当時の議会で質問されるほど。その後、官邸スタッフの家で飼われていることが判明しました。2006年3月に永眠したという報道がなされました。

ソース:Downing Street cat unveiled as Larry from Battersea | Mail Online

Larry the cat arrives at Downing Street – in pictures | Politics | guardian.co.uk

Purr-n-Fur UK: Downing Street Cats | Larry, Humphrey, Sybil, Wilberforce and others

Photograph: Mark Large/AFP/Getty Images

関連記事

イギリス首相官邸ネズミ捕獲長・ラリー氏の更迭劇、その時何が起こったのか - DNA

「殺し屋の本能を失った」イギリス首相官邸ネズミ捕獲長のラリー氏に批判の声 - DNA

これはかわいい!「ダックハント」で遊びたい猫の動画 – DNA

猫だって仮装したい……かわいい中にも意外なシリアスさを感じるバットニャンが完成 – DNA

現場を激写、これが本当の「泥棒猫」だ! – DNA

2匹の猫が「せっせっせーのよいよいよい」と遊ぶ様子に勝手にアフレコしている動画 – DNA

お歳暮・クリスマスプレゼントに最適?猫をかわいくラッピングする方法 – DNA

「絶対離さないニャ……」とばかりに力いっぱいテディベアを抱きしめる猫のムービー – DNA

7匹の子ライオンにもみくちゃにされるお父さんライオンの動画 – DNA

猫を無重力に浮かべて動画にすると「2001年宇宙の旅」みたいになる – DNA

メトロノームが気になるけど怖くて手を出せない猫の動画いろいろ – DNA

ある雪の夜、猫と人間のちょっとあったかい情景 – DNA

アメリカの裁判所にネコが陪審員として召喚される、欠席の連絡は「却下」 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧