世界のびっくりニュース

コカ・コーラ最大の秘密「7X」のレシピがとうとう明らかに


コカコーラの味の秘密は「7X」と呼ばれるミックス香料。この成分・製法は、ケネディ暗殺事件の真犯人やアポロ11号の真実と並び、現代史最大の謎の1つとされていました。しかし32年前の新聞記事の中に、開発当時のオリジナルのレシピと思われるものが写ったものがあるのが発見され、話題を呼んでいます。


写真が見つかったのは、コカ・コーラ社の地元であるアメリカ・ジョージア州アトランタの地元紙「Atlanta Journal-Constitution」1979年2月28日号。地元薬剤師のエヴェレット・ビールのレシピとして掲載されています。

コカ・コーラの開発者であるジョン・ペンバートンは、自作のレシピを親交のあった人に教えていたようで、エヴェレット・ビールもそうしたうちの1人ではないかと考えられています。ノートがとられた年代はコカ・コーラが開発されのとほぼ同時期で、もし本物ならまさにオリジナルのコカ・コーラのレシピといえます。

さて、このレシピの信憑性はどれほどのものなのでしょうか?実は「7X」の成分については、これまで何度も「暴露」されてきました。コカ・コーラ社の歴史をまとめた書籍の中では決定版とも言われる「コカ・コーラ帝国の興亡」の巻末に掲載されていたものもその1つ。

表にして比べてみましょう。

2つのレシピを比べてみると、7xの成分についてはビール版を4倍するとちょうど「帝国の興亡版」に一致しています。2つのソースからもたらされた情報が一致する、ということはそれなりに信憑性は高そうです。

ちなみに味のほうはどうでしょう。このニュースを伝えているシカゴのラジオ局が実際に作って飲んでみたところ、表記の通りの量では子ども向けの風邪薬のような、薬っぽい味になってしまったそうです。

香料の製造技術が発展し、少ない量でより多くの香りが出るようになってしまっていたのが原因だそうで、その辺りを調整してみたところ「言われないと分からない」レベルのフレーバーが実現できたそうです。どうやら決定版と言えるものが現れたようですね。

ソース:Is this the Coca-Cola recipe? | Mail Online

Original Recipe | This American Life

関連記事

「日本の技術はハンパねぇな……」海外の人が驚愕するアルミ缶の製造技術 – DNA

挑戦的なメッセージでいっぱいのペプシの広告画像25枚とムービー – DNA

男らしくなりたい人のための3分+αクッキング、これが男のハンバーガーの作り方だ! – DNA

バーガーキングでハンバーガーを買ったら思いっきり罵倒されるという事件が発生 – DNA

スターバックス、ヴェンティを超える最大サイズ「トレンタ」を投入 – DNA

1960年代の最先端「ベル研究所」のSF映画のような内部写真いろいろ – DNA

その名は「ハーレー殺し」、70年代最速のドラッグレーサーバイク「Hogslayer」 – DNA

あなたのiPhoneをバブリーな80年代仕様にしてしまうケース「80s Retro iPhone Case」 – DNA

アナログ全盛期、70年代はいったいどのようにして新聞を作っていたのか? – DNA

現在ではあまり見ることのできない、70~80年代の最先端ファッション – DNA

世にも奇妙な8個の「iPod」伝説 – DNA

あらゆる買い物で大活躍する「1ドル紙幣」の秘密いろいろ – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧