世界のびっくりニュース

アメリカのどこで今一番呪い・罵りの言葉が吐かれているかが分かる地図


いわゆる「フ○ック!」など英語には様々な侮蔑の表現がありますが、そうした言葉をもっとも多く使っているのはアメリカのどの辺りの人たちなのでしょうか?Twitter上での発言と位置情報をあわせて表示するとこんな感じになるようです。


こちらがその地図。赤いエリアほど呪いの言葉の数が多くなります。人口密集地に多いところを見ると、やはり都会は何か心を狂わせるものがあるのかもしれません。

これは2010年3月から4月にかけてのTwitter上の発言を解析したもの。人口密度の影響を排除するため、ある地域のツイート500件辺りの侮蔑的表現をカウントしています。

そして比較的侮蔑表現が少ないのがユタ州ソルトレイク近辺。いわゆるモルモン教の本部がある街ですが何か関係があるのでしょうか。

アメリカ国内調査ですが、是非「※ただしイケメンに限る」「リア充爆発しろ」などのDis発言をプロットした日本地図を見てみたいものです。

ソース:No Swearing in Utah « Cartastrophe

関連記事

大麻(マリファナ)の地域別末端価格がよくわかるGoogleマップ – DNA

スーファミ版「ゼルダの伝説」のマップを箱庭ゲーム「Minecraft」内で3D化して完全再現 – DNA

人体版Googleマップ「Google Body Browser」で体内を探検する – DNA

世界中からのTwitterの「つぶやき」をリアルタイムにヒートマップ表示できるサイト「A WORLD OF TWEETS」 – DNA

世界の中心は「東京都昭島市郷地町2丁目9」であることが判明 – DNA

ロンドンで発生したすべての殺人事件をGoogleマップ上にプロットする「MurderMap」 – DNA

世界各国のインターネット回線はどれくらいの速度が出るのか比較したグラフ – DNA

各国政府からGoogleへの削除依頼をまとめたサイト「Transparency Report」 – DNA

立ち退き・地上げにたった一軒で抵抗している家の画像いろいろ – DNA

アメリカで「あらゆるマクドナルドから一番遠い場所」はこんな感じだった – DNA

[閲覧注意]江戸時代に書かれた日本画調の人体の解剖図や骨格図いろいろ – DNA

ニューヨーク市民が日々刻々何にムカついているかのインフォグラフィクス – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧