アートとデザイン

超低消費電力・日中でも見やすい「E-ink」液晶を使った腕時計のコンセプトデザイン


Amazonの電子書籍端末「Kindle 3G+Wi-Fi」などでおなじみの「E-ink」液晶はどんな状況でもとにかく見やすく、消費電力も低いので持ち運ぶ電子機器には最適。これを腕時計に使ってみたらどのようになるのか?というコンセプトデザインの画像です。


秒表示など、動きのある部分に使うのはどうかなと思いますが、「E-ink」特有の高いコントラストで文字がクッキリと表示されるのはデザイン的にも美しくなりそう。

暗いところではバックライトが別に必要となりますが、視認性が高いというのは腕時計として使いやすいのではないでしょうか。

デザインはパリ在住のフリーランスデザイナー、ジョナサン・フレイによるもの。インダストリアルデザインが専門のようです。

ソース:Horodron HD-01 by Jonathan Frey » Yanko Design

関連記事:

まさにAmazonの「戦略兵器」、維持費無料の3G回線でやりたい放題できる「Kindle 3G+Wi-Fi」ハードウェアレビュー – DNA

カシオ、Bluetoothでスマートフォンと連携する腕時計のプロトタイプを展示 – DNA

レトロなデザインの新デジカメ「Finepix x100」をフジフィルムが発表 – DNA

ついに新型ランボルギーニ「Sesto Elemento」が登場 – DNA

机の表面とディスプレイをシームレスに繋いだ新世代ワークスペース「BendDesk」 – DNA

「LA Auto Show 2010」で発表された各自動車メーカーのありえないくらい未来志向のコンセプトカーいろいろ – DNA

乗り方すら分からない、フロントガラスが存在しない超高級車ロールス・ロイスのコンセプトカー「Rolls-Royce Apparition」 – DNA

思いっきりターゲットを主婦に絞り込んだマウスのコンセプトデザイン – DNA

視覚障害者でも使いやすい、購入内容が点字で浮かび上がる電子クレジットカード – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧