ネット・PC

広告クリックの85%は、わずか8%のネットユーザーによって生み出されている


サイトから広告収入を得るためにはその広告をクリックしてもらう必要があるわけですが、このうち85%ものクリックがわずか5%のネットユーザーによって生み出されているという統計があります。


このデータは米国のメディアエージェンシーStarcom社が2009年10月に発表したもの。2007年7月と2009年3月のデータを比較し、1回でも広告をクリックしたことがある人の率が32%から16%と急落していることがわかります。

このため2009年にはクリック頻度が高い人・中くらいの人の合計8%が全クリックの85%を生み出すという、非常に偏った結果が現れました。

「ウェブ広告はフィッシング詐欺などの危険が多い」というコンピューターリテラシーの浸透や、広告表示をフィルタリングするソフトの普及など様々な背景があると考えられますが、一つ確かなのはもはやクリック数そのものが広告に対する関心を表す指標ではなくなったという点です。

Starcom社による追跡調査によると。オンライン広告を出すことで確かにブランド名の検索数やサイトへの訪問回数、オン/オフ両方における売り上げは増加したとのこと。

ページビューやユニークユーザーといった数字はサイトによって何をカウントするかという基準が曖昧で、サーバーのログから算出したものとGoogle Analyticsのような解析サービスから算出されたもので結果が3割、4割違うということもごく当たり前に起こります。

メディアの種類によっても効果は変わってくるでしょう。いったい何を基準にして広告を作ればいいのか?というのは今後も問題であり続けると思われます。

ソース:comScore and Starcom USA Release Updated “Natural Born Clickers” Study Showing 50 Percent Drop in Number of U.S. Internet Users Who Click on Display Ads – comScore, Inc

関連記事

ものすごい正確さで未来を描いた1993年のTVコマーシャル「You Will」に登場した20個の技術 – DNA

文字通り「目に焼き付ける」BMWの新しいコマーシャル – DNA

「あなたの子供が何を見ているかしっていますか?」ポルノから子供を守るよう親に警告しているポスターが秀逸 – DNA

最後であっと驚く急展開を見せるミントガムのコマーシャル動画 – DNA

恐るべき資本主義、チリ鉱山労働者救出ミッションのYouTubeムービーがすごいことに – DNA

カップのサイズが音名に対応、下着モデルを歌わせるシンセサイザーのFlash「The Cup Size Choir」 – DNA

発想の転換!?「夕食には骨なしチキン」と銘打った画期的な広告 – DNA

目に見えない「空気」がきれいなことをうまく宣伝しているビルボード広告 – DNA

ドアも鍵も侵入者を防ぐには十分ではないのか……と思わされてしまう秀逸な広告 – DNA

見事にセキ止め薬が必要なことを表現している広告 – DNA

挑戦的なメッセージでいっぱいのペプシの広告画像25枚とムービー – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧