アートとデザイン

Tシャツのライフサイクルをフローチャート図で表すとこうなる


お気に入りのTシャツを購入してから、手元を離れるまでの流れ図です。購入当初の最高にお気に入り状態から枝分かれしていき、廃棄や人手に渡るまでの様子を図にしてみると、なるほどと納得できます。

全体図はこんな感じ。最終形態は4パータンとなっているようです。
6a00d83452a50369e20147e1531c33970b-pi (2067×1536)

まずは購入時。ここというときに着る「BEST」。次はちょっとだけおしゃれしたい時に着る「SPECIAL」。

そして、一回目の分岐。いつの間にか普段着「REGULAR」となってしまいます。

さらに分岐して、一つ目の最終型、家族や友達にプレゼントして手元を離れる「DONATED」。
もうひとつの最終形態は、いつの間にかTシャツがくたびれ下着として利用される「UNDERSHIRT」に変化し、汚れてしまった「DECORATOR」へ成長、最後に捨てられます「DUSTER」。

多少くたびれてもお気に入りのTシャツは、ちょっと違った進化を遂げるようです。

お気にりがゆえにあまり着ることのない「KEEPER」。そして、さらに進化して取っておきの一つになります「ARCHIVE」。または、コンディションや味が出てきたTシャツは古着として売られてしまうこともあるようです「RE-SALE」。

ソース:sleepinginmyhead: Tshirt Lifecycle

関連記事:

どうしても筋肉をアピールしたい人向け、筋肉を見せつけすぎなTシャツ – DNA

空港のX線スキャン検査官に「この検査は違法ですよ」と教えてあげられるTシャツ – DNA

インターネット愛好家のメッセージが思いっきり込められたTシャツ40選 – DNA

Webデザイナー vs Webプログラマーの仁義無き比較イラスト – DNA

英語版「悲しいとき~!」を集めたサイト「Fmylife」 – DNA

脱いだらえらくいいものを持っていたブロンド幼女の写真 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧