アートとデザイン

乗り方すら分からない、フロントガラスが存在しない超高級車ロールス・ロイスのコンセプトカー「Rolls-Royce Apparition」


外からは運転席しか見えず、運転手以外の人の乗り方が分かりにくいロールス・ロイスのコンセプトカー「Rolls Royce Apparition」の紹介です。高級車の代名詞の一つとなっているロールス・ロイスなのですが、車種の名前にも特徴があり、幻や幽霊を意味するファントムやゴーストとなっています。このコンセプトカーも幻影、幽霊といった意味を持つ「Apparition」となっています。

デザイナーは、アートスクールに在籍しているJeremy Wester氏。ヨットからアイデアを得たとのこと。



上から見たところ

後部はこんな感じになっています


かなりロングホイールな車です


思いっきりロールス・ロイスを主張しているフロントグリルのアップ。

疑問だった乗り方はこんな感じ。後部座席はかなり天井が低いような気がします。

イラスト


ソース:Jeremy Westerlund – Dallas, Texas – Rolls Royce Apparition
Rolls-Royce Apparition by Jeremy Westerlund — Autoblog

関連記事:

「LA Auto Show 2010」で発表された各自動車メーカーのありえないくらい未来志向のコンセプトカーいろいろ – DNA

ついに新型ランボルギーニ「Sesto Elemento」が登場 – DNA

まったくの白紙状態から最新技術を投入して開発されたランボルギーニの新12気筒エンジンが登場 – DNA

100年以上前に製造されていたビンテージ・バイクいろいろ – DNA

歴史の闇に消えていってしまいそうな自動車・バイクのエンジン10選 – DNA

「絶対に聞き間違えさせない」アウディのサウンドデザイナーの取り組みがすごい – DNA

12気筒・4万2千ccのエンジンを搭載し時速260kmで走るベントレーの動画 – DNA

永遠の疑問、F1マシンは普通のコースでも乗用車より速いのか検証している動画いろいろ – DNA

レーシングカーとトラックの違いをコンパニオンガールから紐解く – DNA

ジェットエンジン搭載スクーターVSランボルギーニのドラッグレースムービー – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧