アートとデザイン

文字通り「目に焼き付ける」BMWの新しいコマーシャル


ほとんどのコマーシャル映像では最後にその企業のロゴが現れますが、もしこのお約束を崩すとしたらどのような方法があるでしょうか。強い光を見るとその光が消えた後も残って見える残像効果を利用し文字通り目にロゴを焼き付けるというユニークなコマーシャルの実験が始まっているようです。


残像効果は、このようなまぶしい光を浴びた時によく起こる現象。

目を閉じても太陽の形が残って見えますが、これを利用します。

実験が行われるのは映画館。

このプレートで光を焼き付けます。

スクリーンの後ろにセット。

スクリーンの後ろのプレートに強力なフラッシュを当てることで、ロゴを透過させます。

早速実験開始。

動画の流れに合わせてフラッシュを点灯させるので違和感は少なくなります。

ムービーの最後の「目を閉じてください」というセリフに合わせて目を閉じると、このようにロゴの残像が現れるという仕組み。なかなかクールです。

動画はこちらから。
YouTube – BMW – Flash Projection / Paper-Plane.fr

強い光を当てるので目を傷めるのがちょっと心配なところですが動画中のインタビューでは「ロゴがはっきり見えた。かっこよかった」となかなか好評な感じ。是非一度実際に見て見たいものです。

ソース:Twitter / Joel Bischoff: Cool BMW ad that uses some …

関連記事

目に見えない特殊な信号を照射して映画の盗撮をシャットアウトするためのデバイス「DFS-3」 – DNA

実際に遊べるファミコン風グラフィックのアドベンチャーゲーム「ハリー・ポッターとサマースクールの幽霊」 – DNA

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のタイムマシン「デロリアン」のモデルカー型外付けハードディスクが登場 – DNA

傑作冒険小説「極大射程」シリーズ最新作「Dead Zero」を著者自らがYouTubeムービーでプロモーション – DNA

フロリダにある「ハリー・ポッター」のテーマパーク「The Wizarding World of Harry Potter」がすごい – DNA

人類とマシンのファーストコンタクトを描く「トランスフォーマー3」のトレーラーがついに公開 – DNA

「第9中隊」 – ロシア史上空前の規模でアフガニスタン紛争を描く戦争ドラマ – DNA

Apple、日本のiTunes Storeで映画の販売・レンタルを開始、料金システムも発表 – DNA

スターウォーズと他の映画がコラボしたポスターはこうなるはず、というアート – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧